sugikafun

乾燥や花粉症による肌荒れ…早めに対策しよう!

毎年花粉症に悩まされる人も多いものです。くしゃみや目のかゆみなどの辛い症状に悩み、病院で薬をもらっている人もいることでしょう。また、花粉症になるとメイクのノリも悪い、という人も少なくないはず。
花粉症の症状はくしゃみや目のかゆみだけではありません。実は、肌荒れも引き起こすのです。花粉症と肌荒れの関係を知り、早めの対策を心がけましょう。

花粉症が原因のスギ花粉皮膚炎

肌荒れも花粉症の症状の一つ。
顔や顎、首、鎖骨などが乾燥し、かゆみや痛みを伴う症状を引き起こすことがあり、それをスギ花粉皮膚炎と言います。
実は、この症状が出る人は、花粉症にかかっている人の約7割と言われるほど多いのです。

花粉は顔にも付着しますが、それが肌への刺激となり、肌荒れを引き起こしてしまいます。さらに、乾燥していたり、バリア機能が低下していたりと、肌の健康状態があまり万全ではない人は、皮膚炎などの肌荒れを起こす可能性が高いと言われています。アトピー性皮膚炎などの人は、症状が悪化することもあるので、特に花粉には注意しなければなりません。

外出先から帰ったらまず洗顔


花粉が顔についている時間が長いほど肌荒れは悪化してしまうため、外から帰ったらすぐに洗顔をしましょう。

洗顔は肌に刺激の強いものは避け、洗顔料を泡立てて優しく洗うのがコツ。
特に肌が乾燥している場合はバリア機能も低下していることが多いので、こすり洗いなどをすると肌がますます乾燥し、さまざまなトラブルを引き起こします。
洗顔後は化粧水で水分補給をし、保湿をしっかりするようにしましょう。

外出する際の注意点


花粉が肌につかないように対策をすることが重要。

外出する際には、マスクやサングラスをかけるなど花粉対策をしましょう。
また、肌に花粉がつかないように、この時期はサラッとしたパウダーファンデーションを使いましょう。リキッドタイプのファンデーションを使っている人は、フェイスパウダーを忘れずに!

肌のバリア機能を高める生活習慣を


肌が乾燥していると花粉症による肌荒れがひどくなります。
乾燥を防ぎ、肌のバリア機能を高めることで、花粉に負けない強い肌を作ることが大切です。

そのためには、睡眠をしっかり取ること、栄養バランスの整った食事をきちんとすること、適度に体を動かしストレスを溜めないこと、といった点に注意しながら日常生活を送ることを心がけましょう。

その上で、正しい洗顔と保湿をして肌の新陳代謝を高め、健康な肌づくりをすることで、花粉による肌荒れを防ぐことができます。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
sugikafun

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします