make_eye_01[1]

2015年春のトレンドメイクに挑戦!

新社会人になる人、転職して新しい会社に就職する人など、今までとは違った環境に身を置く人も多い春。しかし、メイクに力を入れすぎて、化粧が濃い、派手、などといった印象を与えるのは避けたいですね。
力の入りすぎないメイクのポイントを押さえて、周囲から「おしゃれな人」と思ってもらうためにも、2015年春のトレンドメイクをマスターしてみませんか?

2015年の春はどんなメイクが流行る?

春と言えばパステルカラーが主流。
明るくてポップなカラーは春らしく、そして女性のかいわらしさを強調させてくれます。特に淡く、優しいピンクは扱いやすい色です。

2015年はピンクや黄色、グリーンなどのパステルカラーと比べると、もう少し大人の雰囲気である、くすんだ感じのカラーが流行。
甘く優しい雰囲気よりも、少しだけ大人の雰囲気のメイクに挑戦しましょう。

オススメのトレンドカラーは?


トレンドメイクのカラーとメイクのコツをパーツ別に紹介しましょう。

■アイシャドウ
ピンクやブラウンなども素敵な色ですが、アイシャドウにはスモーキーな色を。
スモーキーグリーンやスモーキーなパープル、グレーなどを持ってくると、品の良さを出すこともできます。

これらの色を使う際に注意したいのは、濃くなりすぎないこと。
濃く塗ってしまうと厚塗りのイメージになるので、ぼかして使うことがポイント。
基本的にはナチュラルな雰囲気を作るよう心がけましょう。

■リップ
リップはベージュや淡いピンクがおススメ。グロスでツヤ感を出すのもいいでしょう。

■眉
きっちりとラインを強調して描くよりは、パウダーなどでぼかして自然な感じにするのがオススメ。メイクをしています、というキメメイクではなく、ゆるい雰囲気を出すのがポイントです。

■チーク
健康的に見せてくれたり、かわいらしさを与えてくれたりするチークですが、トレンドとしてはなくてもOKです。あくまでも自然な感じが大切。
顔色が悪く見える場合は、チークブラシでほんのりなぞるくらいがいいでしょう。

ツヤ肌で素肌美人

make_base_01[1]

メイクのポイントは肌にもあります。
素肌美人に見せるためにも、肌にはツヤが必要なのです。

コツはベースメイク。
美容液に少しだけオイルを混ぜて下地にすると、肌にツヤが出ます。または、パール入りの下地を使うと簡単にツヤ肌へ。
仕上げに、細かなラメ入りのパウダーを使うとさらに美しい肌を作ることができますよ。
ただし、オイルやラメの付け過ぎには注意して。テカテカのお肌にならないように、手の甲でツヤの感じを確認してから顔に塗るようにしましょう。

ベースメイクにひと手間加えることで、素肌感のある美しい肌に仕上がります。
ファンデーションの崩れも防ぐこともできるので、メイク前のベース作りはしっかりと行いましょう。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
make_eye_01[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします