woman_run_01[1]

1週間でダイエット効果を出す運動の方法とコツ

食べる量を減らすことで、体重は落ちていきます。しかし、食事によるダイエットの場合、脂肪が落ちてほしくないバストなどが痩せてしまい、反対に足などの痩せたい部分は思ったように痩せない・・・といったデメリットがあります。
理想的な美しいボディを1週間で手に入れるためには、毎日体を動かすことが必要。今回は、運動によるダイエット方法を紹介します。

有酸素運動で1週間ダイエット

汗をかくと老廃物や余分な水分が排出され、体重は落ちていきます。 また、血行が良くなって代謝が促されるなど、カラダに良い影響を与えてくれます。

たくさん汗をかくための運動としてよく取り入れられるのが、有酸素運動。 これは、酸素を取り入れて脂肪を燃焼する運動方法です。
1週間、ウォーキングやジョギング、エアロビクスなどを毎日行うのが理想です。 最低でも1日20分以上は行うようにしましょう。
まとまった時間が取れないという人は、1日の中で数回に分けて行っても効果は同じと言われています。たとえば、10分の有酸素運動を1日2回行う、という方法でも大丈夫です。

無酸素運動を取り入れて脂肪燃焼効果をアップ

脂肪を効率よく燃焼させるには、有酸素運動と無酸素運動を両方行うことが必要です。

無酸素運動とは腹筋や腕立て伏せ、ダンベル運動などの筋トレのこと。 引き締めたい部分を重点的に行いましょう。

1週間で効果が出やすいのは腹筋。つまり、ウエスト!

通常筋トレは、週に2~3回程度行うのが筋肉の疲労面から見ても理想とされていますが、腹筋は毎日行っても大丈夫な筋肉です。

■効果を出すための腹筋方法とポイント

① 床にあおむけに寝て膝を立て、おへそをのぞきこむように、ゆっくりと頭を上げる

② 仰向けに寝た状態のまま、右手で左足の外側にタッチ。次に左手で右足の外側にタッチ。 それぞれ15回を3セットずつ行いましょう。

勢いをつけず、ゆっくりと腹部の筋肉の動きを意識して行うのがポイント。 毎日続けて、美しいウエストを手に入れましょう♪

woman_fitness_01[1]

日常生活の中でできる運動

1週間でダイエットをするには、時間を有効に使うのもポイント。

通勤電車の中ではかかとの上げ下げを繰り返す、車やバスを使わず1駅分を歩くなど、ちょっとした工夫を取り入れてみましょう。

自転車で通勤すれば、カロリー消費につながりますよ。 掃除をする際には、すみずみまできれいに、念入りに掃除をすることでカロリー消費も多くなるでしょう。

また、ハイヒールを履くことも、足の筋肉を鍛え、引き締め効果につながります。 ただし、自分の足に合った靴を選ぶことが重要。合っていない靴を履くと姿勢が悪くなり、血行不良につながってしまうので逆効果になってしまいます。

お風呂の中でも足首を回したり、お腹のマッサージをしたりしましょう。 発汗作用が高まり、代謝が促されるので、ダイエットに効果的と言われています。 ⇒毎日のお風呂でダイエット!その効果とポイントは?

日常生活の中でこまめにカラダを動かしたり、ひと工夫加えたりすることが、短期間にダイエットを成功させるコツです!

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
woman_run_01[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします