woman_bed_02[1]

基礎体温の測り方のポイント!~カラダのリズムを知って快適生活~

微妙な体温変化を捉える基礎体温は、いくつか押さえておきたい測り方のポイントがあります。そこで今回は、基礎体温の正しい測り方、記録の付け方についてご紹介します。ただし、測定にはあまり神経質になりすぎず、継続することも大事! 測定のコツやポイントを押さえて、自分のリズム把握に役立ててくださいね。

知ってる? 基礎体温の正しい測り方

基礎体温は安静時の体温なので、朝起きてすぐに測定します。

少しでも動くと体温が上がるので、なるべくじっとしたまま測れるよう寝る前に基礎体温計を枕元に準備。基礎体温計は脇の下ではなく、口の中に入れて測定します。舌下の中央にある筋の左右いずれかに体温計の先を付けて軽く口を閉じ、終わるまでじっとしているのが測り方の基本です。

できるだけ毎日、同じ時間に測定するのが良いとされていますが、起床時間がずれた日や二度寝してしまったときでも忘れず測りましょう。

基礎体温の記録をつけるコツとは

測定した値は忘れないように記録し、グラフで体温変化をチェックします。手書きの基礎体温記録用紙もありますが、「ルナルナ」の各サービスを使えば簡単に記録・管理ができて便利。その中でも「ルナルナファミリー」は、グラフ化してパソコンで印刷もできるので、体温変化のリズムをつかみやすいですよ。

前日に薬の服用や飲酒があるとき、夜更かしをして睡眠時間が短いときなどは、翌朝の体温に影響が出ることも。何か気になることや普段と違うことがあったときは、メモしておくと参考にできます。

測定を続けて自分のリズムを知ろう!

疲れやストレスでホルモンバランスが乱れるときや、測定のやり方によっては低温期と高温期の二相に分かれたグラフ変化が見られないときもあります。一般的なリズム変化を示していないときは、複数の周期で記録をとって総合的に見てどうかを判断しましょう。

婦人科に相談するときは、3周期分ぐらいのデータを持っていくとより正確な診断に役立ちます。記録を付けていくと自分のリズムがつかめるようになり、排卵日や生理日を予測する際の参考になるでしょう。

<基礎体温グラフ管理にオススメのサービス>
ルナルナファミリー ※スマートフォン

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
woman_bed_02[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします