woman_relax_10

もしかしたら私も…?知っておきたい子宮筋腫の症状とは

子宮筋腫と聞いて、どんな病気かきちんと答えられる人は意外に少ないかもしれません。子宮筋腫は、女性にとってはよくある病気の一つ。しかし、子宮筋腫があることに気付いていない場合が多いのです。そこで今回は子宮筋腫の基礎知識と症状、診断についてなどをご紹介します。

子宮筋腫とは何?その原因は?

子宮筋腫は子宮にできる良性の腫瘍です。女性ホルモンの影響で、子宮を形成している筋肉が異常に増殖することが原因と考えられています。

小さな筋腫も含めると30代女性の4~5人に1人は子宮筋腫があると言われ、女性にとっては比較的、一般的な病気と言えるでしょう。

しかし、子宮筋腫ができる場所や数によって症状が異なるため、全く気付かずに過ごしている人が多いようです。

子宮筋腫があるときの症状

子宮筋腫ができると生理の時の出血量が以前より増えたり、レバー状の塊が出ることがあります。

以前に比べて長い日数、生理が続くようになった場合や、生理以外に出血や茶色いおりものがあった時も注意が必要。

出血量が増えると貧血になり、めまいや動悸、疲れやすいなどの症状が出やすくなります。 ひどい生理痛に悩まされるのも子宮筋腫の代表的な症状。

その他、子宮筋腫が大きくなると他の臓器を圧迫し、頻尿や便秘、腰痛などを引き起こすケースもあります。

子宮筋腫の診断、治療について

子宮筋腫は婦人科の検診(内診)や超音波検査で診断します。 子宮筋腫自体は命に関わる病気ではありませんが、強い生理痛や貧血症状があったり、不妊や流産の原因になっている時には治療を進めた方がよいでしょう。

また、子宮筋腫が大きい場合、ごくまれに悪性の子宮肉腫が含まれていることがあります。

気になる症状があれば早めの受診をおすすめします。 放置しておくと子宮筋腫の数が増え、大きくなって、貧血や周囲の臓器への圧迫が強くなることも考えられます。

自覚症状がない場合も医師と相談のうえ、治療方針を検討しましょう。

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
woman_relax_10

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします