woman_business_02[1]

【後編】新社会人な女子の皆さんへ捧げる。働くってコト

ルナルナ編集長から新社会人へ向けたメッセージです。Photo by :Waag Society

前編はコチラ

誰かの役に立つというコト


当たり前のことですが、仕事ってそんなに甘くないのです。

学生時代の勉強は、ちゃんと勉強すればそこそこ身につき、成果も出ます。

社会では、同級生がライバルではありません。
ベテランの人も新人も、その仕事が得意な人、その仕事が大好きな人、色んな人と一緒に働いたり、競争したり、助けて貰ったりします。

そういう中で「自分の価値」を認めてもらって初めて、対価であるお給料や代金を頂くことができるのです。

例えば私たちが黒いネコの宅急便に数百円を払うのは、受けとる荷物ではなく、「荷物を欲しい日時にあわせて届けてくれる」という価値を提供してくれることに対してですよね。

自分で電車に乗ってお店まで買いにいくより速くて便利で、浮いた時間で他のことが出来て、そんな便利さを提供してくれる黒いネコに、数百円の対価を払って配送をお願いしています。

あの頃を振り返ってみると・・・


私の社会人1年目、いや2年間はこの考え方が完全に欠如していました。

人並みのお給料をもらいながら、誰の役にも立っていなかったのです。
世の中に何の価値も残していなかったのです。

もっと酷いことには、役に立とう・価値を出そうという気持ちさえなかったのです。
私が居ても居なくても会社は無くならないし、25日になればお給料も振り込まれる、そんな風にさえ思っていました。

今思うと、とっても恥ずかしくてこんな過去はみじん切りにしてブレンダーで跡形もなく滑らかなスムージーにして飲んでしまいたいくらいです。
当時の上司や先輩方、本当にごめんなさい。

「自信」が与えてくれたもの


転職活動で今の会社に入ったとき、「私には何も無い」ということを痛感しました。

だからこそ、誰かに求められる人になりたくて、やったことのない仕事もちょっと難しい仕事も、必ず自分の成長につながると思い何でもやってきました。
ひとつ出来ることが増えると、喜んでくれる上司や同僚がいて、「お願い!」と私を頼ってくれる人が居るのです。

私、役に立ってる!

苦しいこともたくさんありましたが、その先に待っていたのはお金でも地位でもなく「自信」でした。

社会に出てすっかり失ってしまった自信を、数年ぶりに取り戻すことができたのです。

自分に自信を持てたことで、私はより積極的になり、働くことや生きることを楽しみ、そして人に優しくなれたと思います。
人生をより良いものにするかどうかは自分次第だし、私にはそれが出来ると、そう思えるようになりました。

最後に・・・


この春、社会に出て働き始めた女子の皆さん。
自分にはどんな価値を創ることができるか、どんな価値創りなら本気で頑張れるか、どんな価値を創れたら嬉しいって思えるか、ちょっとだけ、考えてみてもらえたら、きっとしんどい時も頑張れるし、上手くいったときにすごくハッピーだと思います。

もちろん、仕事だけが自分の価値を創る場所ではないので、それが家庭であっても人間関係であっても、同じだと思います。

誰かに求められる自分になること・なろうとすることは、きっとあなたに大きな自信と幸福をもたらしてくれます。

どんな場所でも、どんな人でも、女性が自分に誇りを持って輝けることを願っています。

clover_01[1]

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

luna_boss[1]
ルナルナ編集部のボスです。
女子ですが、中におっさんが入っていると言われます。
woman_business_02[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします