woman_skincare_01

大人ニキビの原因は複雑。自分に合った治し方を!

ニキビと一言で言っても、10代の頃にできるニキビと20代になってできるニキビには違いがあります。大人になってからできるニキビは「大人ニキビ」といって、思春期にできるニキビとは原因も、治し方も異なるのです。
大人ニキビは、洗顔をして油っこい食事を控える、というだけでは改善されません。今回は、正しい大人ニキビのケア方法を紹介します。

思春期ニキビと大人ニキビの原因は違う?

肌は乾燥気味なのにニキビができてしまった、という経験はありませんか?

ニキビの原因の多くは過剰な皮脂の分泌やアクネ菌だと言われているため、「肌が乾燥しているのにニキビができるなんて…」と思うかもしれません。

過剰な皮脂分泌やアクネ菌などが原因となるのは、10代の頃の思春期ニキビの特徴。
もちろん、20代になってできるニキビの中にも皮脂が原因であることもありますが、大人になってからできるニキビの原因は皮脂だけではなく、不規則な生活やストレス、ホルモンバランスの乱れ、化粧品など、もっと複雑なのです。

思春期ニキビと大人ニキビの特徴


思春期ニキビと大人ニキビ。
2つのニキビにはそれぞれ特徴があります。

思春期ニキビは主に顔、皮脂の分泌が過剰な額や鼻、頬などにできることがほとんど。
一方、大人ニキビは顎やフェイスライン、首、背中などにできることが多いです。

ニキビができる部位からわかるように、思春期ニキビの場合は皮脂を調整することが重要になり、大人ニキビの場合は生活習慣などを見直し、体内から改善することがニキビを治すことにつながるのです。

その大人ニキビの治し方、間違えているかも


さまざまな原因によってできる大人ニキビは、人によって治し方も異なります。

乾燥しているのにニキビができてしまうのは、保湿ケアの不十分さが原因になっている場合があります。クレンジングや洗顔料が刺激となっている可能性も。

肌に負担をかける洗顔をしていないか、化粧水などが肌への刺激となっていないか、必要以上のスキンケアをしていないかなど、自分のスキンケアを今一度見直してみましょう。

大人ニキビの原因はストレス?

woman_angry_01

大人ニキビの大きな原因は、ストレスかも。

顎や口のまわりなど皮脂の少ない部分のニキビは、ホルモンバランスが乱れている場合にできやすいです。生理前・生理中ではないのなら、そのホルモンバランスの乱れはストレスが原因かもしれません。

ストレスを解消するためには、その原因を排除する必要があります。でも、完全に原因を取り除くことは難しいですよね。趣味に没頭したり、リラックスする時間を作るなど、自分なりのストレス発散方法を見つけましょう。

適度な運動をして、おいしいものを食べて、夜はぐっすり眠る、と言うココロもカラダも健康な生活を心がけることが、大人ニキビを治す近道かもしれません。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
woman_skincare_01

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします