Japanese_food_02[1]

ダイエット中の食事。【外食】でのメニュー選びのポイント

ダイエット中とはいえ、飲み会があったり、恋人や友だちとの食事会があったりして、断れない場合がありますよね。
しかし、外食は高カロリーのメニューが多く、カロリーオーバーになってしまうことも多いです。ダイエット中の外食は、どのようなことに注意してメニューやお店を選んだらよいか、そのポイントを紹介しましょう。

定食や和食ならダイエット中でも安心?

ダイエット中なら定食や和食を選ぶこと、とよく言われています。 炭水化物、タンパク質、脂質、ミネラルなど栄養面においてもバランスよく摂れるものが多く、カロリーも低い、というのが理由です。

特に油を使っていない刺身定食をはじめ、低カロリーで良質なタンパク質が取れる煮魚や焼き魚定食はオススメ。
一方で定食といっても、天ぷら定食、ウナギやサンマといった魚を使った定食はカロリーが高いので、できるだけ控えるようにしましょう。

「そば」や「うどん」は低カロリー?

Japanese_food_03[1]

そばやうどんはカロリーが低い、と思っている人も少なくないでしょう。
しかし、天かすがたくさん入っていたり、天ぷらそばなどの揚げ物が乗っていたりするものは、高カロリーになりますので注意を。
それなら、具材のないかけそばなら良いの?と思うかもしれませんが、あまり腹持ちがよくないので、後で間食をしてしまう可能性も・・・
ダイエット中とはいえ、満腹感も大切です! 腹持ちのよい「なめこそば」や「山菜おろし」などを選ぶとよいでしょう。

ダイエット中は避けたいお店

イタリアンや中華料理のお店は高カロリーのメニューが多いので、ダイエット中は避けたいもの。
特にパスタやピザは家で作るよりも油分が多いので、カロリーが高くなりがちです。 とは言え、友だちと食事に行く時にはイタリアンになることも多いですよね。
その場合は、量に注意して食べるようにしましょう。 パスタの量を選べるお店にして、サラダやスープなどを選ぶ、クリーム系よりもオリーブオイルなどを使ったメニューを選ぶなど、食べ方を工夫すればOKです。

「低カロリーの料理を出してくれるお店を選ぶ

近年ではオーガニック素材にこだわったお店や、野菜を中心にしたヘルシーメニューを提供しているお店も増えています。
野菜をふんだんに使った料理は、パスタやピザでも油分を控え低カロリーに作られています。スイーツも素材を生かし、カロリーを考えて作られているので、気にせずに食べることもできます。 油断は禁物ですが、そういったお店で思い切り食べるのも一つの選択ですね。

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
Japanese_food_02[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします