woman_eyemake_01

目の下にできる「くま」には種類がある!それぞれの原因とは?

睡眠不足の翌朝、目の下が黒い、または青い、といった経験はありますよね。しかし、睡眠不足でも、疲れてもいないのに目の下にくまができている、ということはありませんか?それは、肌が衰えているせいかもしれません。目の下にできるくまには種類があり、それぞれ原因や改善方法が異なるのです。
今回は、くまについて知り、正しい対策をしましょう。

目の下に「くま」ができる原因

人間の体の中で、目の周りの皮膚は一番薄い部分。
皮脂腺も少なく、乾燥しやすい部分で、ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまいます。

それに比べて頬は、皮下脂肪があって目の周りと皮膚の厚さも異なります。
そのため、境界線ができやすくなり、くまができてしまうのです。

また、目の下は、メラノサイトの活動が活発で色素沈着を起こしやすい場所です。目をこするクセがある人は注意しましょう。

さらに、年齢とともに皮膚が薄くなってくるので、加齢もくまができる原因の1つになります。

うっ血が原因の「青ぐま」

目の周りは血液が集まる部分。

目を使い過ぎて疲れたりすると、血液循環が悪くなり、それが皮膚を通して見えることがあります。それが青っぽく見えるので、「青ぐま」と呼ばれています。

この「青ぐま」は、パソコンやスマホなどの使い過ぎでできることが多いです。
また、肌の色が白い人や、血行の悪い人がなりやすい傾向にあります。

皮膚を引っ張って色が薄くなる場合は、青ぐまの可能性が高いでしょう。

むくみやたるみによってできる「黒ぐま」

目の下に影ができて黒っぽく見えるくまのことを「黒ぐま」と言います。

これは、加齢とともに薄くなった下まぶたの皮膚が眼窩脂肪を支えきれなくなり、眼窩脂肪が前に出てしまうためにできるものです。

皮膚の弾力が落ち、たるんできた時にできるクマなので、メイクなどで隠すことが難しい種類でもあります。

この黒ぐまは、年齢とともにできやすくなり、また、生まれつき目の下の脂肪が少ない人もできやすい傾向があります。

顔を上に向けて鏡を見てみましょう。
くまが目立たなくなったら、それは黒ぐまです。

シミやくすみによってできる「茶ぐま」

色素沈着によってできるのが茶ぐま。
目をこするクセがある人などは、茶ぐまに注意!

目の下にシミができて、それが連なってくまに見えることもあります。
また、紫外線による影響や化粧品によるかぶれ、マスカラなどのクレンジングが不十分だと茶ぐまができやすくなります。

茶ぐまは皮膚を引っ張っても、上を向いても、寝不足をしても、濃くなったり薄くなったりすることはありません。

触っても色などの変化がない場合は、シミやくすみによるくまの可能性が高いです。

⇒原因別くま対処法はコチラ

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
woman_eyemake_01

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします