hairanimage_01[1]

【生理周期別】オススメの食べ物~排卵後編~

プロゲステロンが増え始める排卵後。妊娠準備に入るこの時期は、便秘になったり、むくみが出やすくなったりします。今回は、この時期の食生活で気を付けたい点をご紹介します。

排卵後のカラダの変化

受精に備え、卵巣内で育った成熟卵胞が卵子から飛び出すのが排卵。
この時期にはカラダにさまざまな変化があらわれます。

排卵直前はエストロゲンの分泌がピークに達し、排卵直後にはプロゲステロンが増え始めます。

個人差はあるものの、このホルモンバランスの変化により体温が下がるために血行が悪くなり、冷えやむくみ、腰回りが重くなるなどの症状が出やすくなります。
なかには、偏頭痛や出血を起こす人も。

排卵後は、リバウンドしない食生活を意識して


生理後のやせ期にダイエットして体重を落とした人は、この時期にリバウンドしないよう注意が必要です。
食物繊維やビタミン、ミネラル、タンパク質を積極的に摂るようにしましょう。

排卵後は、徐々に体は老廃物や水分を溜め込むようになっていきます。
その影響を受けないためにも、この時期に腸内環境を整えておくことが大切。バランスのよい食生活を心がけるとともに、ヨーグルトやキムチなどの発酵食品を取り入れるようにしましょう。

むくみ予防にはカリウムを


排卵後のむくみ対策には、余分な水分を排出してくれるカリウムを摂取しましょう。

食材は、トマトやキュウリ、すいか、バナナ、アサリなどがオススメ。
パセリやヨモギなどもカリウムを多く含んでいます。

ヨモギに関しては、有害物質を吸着し、排出する働きがあるので便秘の解消にも効果的ですよ。さらに、ヨモギに含まれるクロロフィルは、ヘモグロビンの生成をサポートし、貧血予防にもなります。

血行を促すクエン酸


血液やリンパの流れを良好にすることで、老廃物の排出を促すとともに、血行を改善することができます。

それをサポートしてくれる栄養素の一つがクエン酸。

クエン酸が豊富に含まれている食材として代表的なのは、梅干しです。
ビタミンEが含まれ、血行をよくしてくれる作用も。
むくみに効くほか、疲労回復にもオススメの食材です。

梅干しの他には、リンゴやレモン、キウイやトマトなどを入れたグリーンスムージーがオススメ。栄養満点で、血行もよくなり、むくみ予防にもなります。
グリーンスムージーは、毎日飲むことで肌をキレイにする効果もあるとか。
生理周期問わず、習慣にしたいですね。

smoothy_01[1]

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
hairanimage_01[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします