woman_eating_donut

生理周期を利用してダイエット!生理前の食事・運動のポイントは?

女性ホルモンのバランスの影響で、ダイエットが成功しやすい時期と成功しにくい時期があります。特にダイエットが成功しづらいと言われているのが生理前。
この時期は、どのような方法でダイエットをすればいいのでしょうか?

生理前はダイエットが成功しない?

「どんなに食事を減らしても、運動をしても体重が減らず、反対に増えてしまった」という経験はありませんか?
それは、もしかしたら生理前だったのでは?
生理前はプロゲステロンの分泌が盛んな時期なので、カラダは栄養素や水分を溜め込もうとします。
食欲も旺盛になり、食べても食べてもお腹がすく、という状態。さらに、糖質が足りなくなるので、甘いものがとても食べたくなります。
さまざまな要素がダイエットの邪魔をする生理前は、最もダイエットに適していない時期なのです。

生理前の旺盛な食欲を抑える方法

「カラダが欲しているから、食べたいだけ食べたほうがいい」とも考えられますが、増えすぎた体重を元に戻すのは簡単ではありません。
無理をすることなく食欲を抑えるため、下記2点を心がけるようにしてみて。
① 食事の前に水を飲む
② 食事は、野菜やスープなどカロリーの低いものから食べる
スープは、食物繊維やビタミンの豊富な野菜がたっぷり入ったメニューなら、なおよいですね。
そして、食事をするときにはできるだけゆっくりと、味わいながら食べるようにしましょう。
お腹がすいているからと早食いしてしまうと、満腹中枢が刺激される前にたくさんの量を食べてしまいます。 香りや味を楽しみながら、ゆっくりと食事をするようにしましょう。 soup_01[1]

ヨガなどでリラックス

運動はダイエットにおいて欠かせない要素ですが、この時期はカラダを動かすのも億劫になりますよね。

だるさが強いので、無理に運動をするとケガをすることもあります。 激しい有酸素運動は避けて、呼吸法を取り入れたヨガなどの健康法を取り入れてみましょう。

深い呼吸をしながら、カラダを伸ばしたり、縮めたりすると、気分もリラックスしてきます。血行がよくなり、代謝も促され、カラダも楽になります。

イライラしがちなこの時期に、ヨガはオススメの運動です。

また、夜寝る前などにストレッチをするのもいいでしょう。 首を回したり、腰をひねったりするだけでもOK。

ストレッチには安眠効果もあるので、ぜひ取り入れてみてください。

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
woman_eating_donut

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします