woman_suncare

紫外線を完璧にカット!正しい日焼け止めの塗り方って?

日焼け止めを塗っていたのに日焼けしてしまった、という経験はありませんか?
それは、日焼け止めが悪かったのではなく「塗り方」に問題があったのかも。しっかりと紫外線を防ぐため、正しい塗り方を身につけましょう。

日焼け止めを塗る前の準備をしっかり

日焼け止めの効果を出すため、塗る前に肌を整えておく必要があります。

化粧水、美容液で肌を整えることで、日焼け止めが汗で流れるのを防ぐことができるのです。

さらに、日焼け止めを塗った後に下地クリームを塗ってファンデーションを塗ることで、紫外線対策効果が高まりますよ。

ムラなくしっかりと塗る


ムラなく塗ることでも、日焼け止め効果はアップします。

そのためには、少量ずつ塗るのがポイント。

ただし、薄く塗るのではなく、しっかりと塗るようにしましょう。
何回か重ねて塗ることで、より効果的だと言われています。

首の後ろや鎖骨、耳の裏など、忘れやすい場所もきちんと塗るようにしましょう。

また、日焼け止めは汗をかくと流れてしまいます。
そのため、朝だけ塗ればOKというわけではなく、2~3時間置きに塗り直すことが必要です。

こんな塗り方だと、日焼け止め効果半減!


日焼け止めは、外出する時だけに塗ればいいというわけではありません。

家の中にいても、窓ガラスなどを通過し、肌に紫外線を浴びてしまうもの。
出かける時はもちろん、家の中にいても塗るようにしましょう。

また、外出する直前に塗っても日焼け止めが肌になじんでいないので、効果が半減してしまいます。
朝のスキンケアの際にきちんと塗るようにしましょう。

「去年のやつが残っているから」と、古い日焼け止めを使うのはNG。
化粧品は空気に触れると酸化してしまいます。
それを肌に塗ると肌荒れの原因になることもあるため、必ずその年で使い切りましょう。

便利な日焼け止めアイテム


日焼け止めにはクリームタイプや乳液タイプなど、さまざまな形態のものがあります。
それぞれ感触が異なるので、好みのものを使うといいでしょう。

スプレータイプの日焼け止めは、こまめに塗り直す際には便利なアイテム。部分的に塗りたい時にも重宝しますよ。

パウダータイプの日焼け止めは、手軽に塗ることができるのがメリット。クリームタイプや乳液タイプのものと併用して使ってみることをオススメします。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
woman_suncare

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします