baby_04

ふき取り化粧水のプラスケアでゴワ肌→つるん肌になろう!

一般的に化粧水は、肌に水分を与えたり、乳液や美容液をなじみやすくしたりするためのものですが、それとは別に「拭き取り化粧水」があります。
拭き取り化粧水の役割は、汚れを落とすことです。クレンジングの拭き取りシートなどは、使い方によっては肌を傷めてしまうことがありますが、拭き取り化粧水は大丈夫なのでしょうか?そのメリットや有効な使い方を紹介しましょう。

拭き取り化粧水で肌のゴワゴワ撃退


拭き取り化粧水は洗顔後に使うもので、化粧水や乳液の浸透を高めるというメリットがあります。余分な角質を取り除く働きがあり、肌の新陳代謝を促す効果もあると言われています。

また、マッサージクリームなどの後に使用することで、油分を取り除いたり、洗顔などで落とし切れなかった汚れを取り除いたり、肌をやわらかくしたりする効果が期待できるのでつるんとした赤ちゃん肌に近づけますよ。

拭き取り化粧水の効果的な使い方


■用意するもの
・ふき取り用化粧水
・コットン(手では、拭き取りの効果が得られないので、必ずコットンを使いましょう。)

■手順
① 拭き取り化粧水をたっぷりと化粧水を含ませたコットンで、顔をなでるように拭き取ります。

★ポイント★ 強く擦ると肌を傷めてしまうため、優しく、ていねいに拭き取ることが大切です。

② ①で肌の汚れを落としたら、化粧水をつけて普段のスキンケアを行います。

★ポイント★ 拭き取り化粧水をしたから化粧水は付けなくても問題ない、と考えている方もいるかもしれません。しかし、ふき取り化粧水と保湿用化粧水では役割が違うので、拭き取った後は必ず保湿用の化粧水を付けるようにしましょう。

余分な汚れをふき取った後は、いつも以上にその後化粧水や美容液が浸透する感覚を実感できるはずです。

ふき取り化粧水選びのポイント


拭き取り化粧水はさまざまなメーカーから出ています。香りや感触もいろいろ。ベタつき感が強いものや、サラッとしたタイプのほか、低刺激の拭き取り化粧品もあります。

天然素材を使用したものは肌への負担も少ないもの。敏感肌の人は、そういったものを選ぶといいでしょう。肌トラブルが心配な方は、最初にパッチテストを行ってから使うと安心ですよ。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
baby_04

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします