woman_running[1]

食事前の運動と食事後の運動、ダイエットに効果的なのはどっち?

食べた後に運動をすることでダイエット効果がある、と思っている人は多いのではないでしょうか?しかし一説によると、食事前に運動をした方が痩せやすいとも言われています。
ダイエットの効果を出すには、食事の前、それとも後、どちらのタイミングでの運動が良いのでしょうか?

食事前の運動が脂肪燃焼に効果的なワケ

実は、食事前に運動をすると脂肪がエネルギーとして消費されやすいというメリットが!

炭水化物などの糖分はすぐにエネルギーとして使われやすいため、血液中に糖分が高い状態の場合は糖分が先にエネルギーとして使われます。食事前の空腹時には糖分が少ない状態であるため、蓄積されている脂肪からもエネルギーを消費しようとします。
有酸素運動では運動をすると糖分と脂肪を消費しますが、消費する糖分が少ない分、脂肪も燃焼されやすくなります。食事前の運動は脂肪が燃焼されやすい、と言われるのはこのためです。
また、食事をした後の栄養の余剰分は脂肪となるものですが、運動をした後は筋肉の栄養となりやすいため、脂肪になりにくいという特徴もあります。

食事後の運動のメリットは?

食事後に運動をすると、脂肪が蓄積されにくいと言われています。
食事をして摂った血液中の糖質や脂質が消費されるので、脂肪の蓄積を防ぐことができます。
さらに、エネルギーが補充されているので、運動効果が高くなるのもメリットです。体を存分に動かすことができますね。

食前、食後に運動する際の注意

食事前の空腹の状態で運動をすると、貧血やめまいを引き起こすことがあります。空腹時は集中力も低下しているので、ケガなどをしやすいという危険性もあるでしょう。さらに、筋肉からもエネルギーを摂ろうとするため、筋肉が分解されやすいというデメリットもあります。
一方、食事後に運動をすると、めまいや貧血の危険性は減りますが、消化不良を起こすことがあります。バナナ1本程度であれば問題はありませんが、通常の食事をした場合は、2時間程度経ってから運動をするようにしましょう。
また、寝る直前に激しい運動をすると脳が興奮状態になり、覚醒してしまいます。それが睡眠不足となることもあるので、寝る直前の激しい運動は控えた方がいいでしょう。

運動のタイミングは目的に合わせて

食前と食後、どちらがダイエットに適しているかということは一概には言えませんが、目的に合わせて行うといいでしょう。
溜まってしまっている脂肪を燃焼させるには、食事前の運動が効果的。
痩せやすい体を作るためには筋肉が必要ですが、その筋肉を効率よくつけるためには、運動効果の高い食事後がいいでしょう。

ダイエットの目的やライフスタイルに合わせて、無理なく運動を取り入れられるスケジュールを立て、効果的なダイエットをしましょう。

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
woman_running[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします