woman_workout_01

ダイエットに必要なのは有酸素運動?それとも筋トレ?

毎日ジョギングをするだけでも、カロリー消費につながりダイエットになるでしょう。しかし、ジョギングは有酸素運動。やめると体重も増えてしまいます。また、足痩せや腕痩せなどの部分痩せをすることが難しいものです。
ダイエットをするなら、体重を減らすだけでなく太りにくいカラダを作りたいものですね。そこで必要になってくるのが筋トレなのです。

有酸素運動のダイエット効果

ジョギングやウォーキング、サイクリング、水泳などの有酸素運動は、酸素を取り込みながら体内の糖質と脂肪を分解・燃焼していきます。

運動をしている中、エネルギーとして最初に血液中の脂肪が使われ、次に皮下脂肪や内臓脂肪が使われるのですが、その際にはリパーゼという脂肪分解酵素が必要となります。

リパーゼが機能するのはカラダが温まってから。「有酸素運動は20分以上行うこと」と言われているは、体内を温めリパーゼを機能させるためです。
このように有酸素運動は直接脂肪を燃焼させる効果があると言われています。

筋トレはダイエットになぜ必要なのか?

ダンベルや腹筋などの筋トレを無酸素運動と言います。体脂肪を分解・燃焼させるための刺激となる成長ホルモンを分泌させるのが無酸素運動です。筋肉をつけることで、基礎代謝がアップし、痩せやすいカラダになります。

有酸素運動+筋トレでセレブBodyを目指しましょう

有酸素運動だけだと筋肉は付きにくく、部分的に引き締めることも難しいため、引き締めたい部分は筋力トレーニングをしましょう。
また、有酸素運動をやめてしまうと落ちた体重が元に戻りやすいため、太りにくく痩せやすいカラダを作ることができる筋トレが必要なのです。

ダイエット中はついつい脂肪やほっそりした体になることに目を向けがち。しかし、ただ棒のように細いだけでは異性から見て魅力的なカラダにはなれません。
筋トレでお腹のくびれ部分やお尻などの女性的な曲線が出る部分を引き締めて、海外セレブのような引き締まったカラダを目指したいですね。

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
woman_workout_01

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします