woman_foot_02[1]

脚を太くしないハイヒールの選び方・歩き方とは?

ハイヒールを履いていると足が太くなる、と言われることが多いです。しかし、女性らしさをアピールするためには欠かせないアイテムですよね。
履いているとヒールの効果で足を細く見せることもできるのがハイヒールの魅力。そういったメリットを考えると、足が太くなると言われてもやめられないのが実情でしょう。
でも実は、ハイヒールを履いていても、歩き方によっては足を細くすることが可能なのです。

安定感のあるハイヒールを選ぶ


ハイヒールはかかとを上げて歩いているわけですから、それだけでふくらはぎの引き締めになります。それでもハイヒールを履くと足が太くなると言われるのは、自分の足に合っていないヒールを履いていることが大半の原因です。
足痩せを目指すなら、安定感のあるハイヒールを選ぶことが重要です。しっかりと歩けるハイヒールなら足の疲れも半減。足の引き締めにつなげることもできますよ。

美脚ハイヒールチェックポイント


■ハイヒール選びのポイント

・ヒールは太め
・中敷にクッション性がある
・鏡で靴を履いた脚をみて、細く見える
・試着してみて、重心が外すぎたり内過ぎたりせず、まっすぐ立っている感覚があるもの

靴の合う、合わないには個人差があります。必ずしもヒール低めだから履き心地が楽ということはないので、自分に合う形を見つけるようにしましょう。

ヒールの削れ傾向別 歩き方改善方法


すでに持っている靴(ハイヒールでなくても構いません)のかかと部分を見てみましょう!

■タイプ1:外側が削れている
「ガニ股」で歩いている傾向がある人です。
かかとの外が削れてしまう人は一歩踏み出すとき、無意識につま先が外を向いてしまっているはずなので、両足のつま先が歩く方向を向くように意識して歩きましょう。
ふくらはぎや太ももの外側に重心がかかっていたのがまっすぐになり、無駄な筋肉で脚が太くなるのを防ぎます。

■タイプ2:内側が削れている
「内股」傾向がある人です。内股傾向がある人は猫背のまま歩いていたり、偏平足気味な人が多いので、まずは姿勢を正して歩くことを意識しましょう。
姿勢を正して、正しい重心で歩くことで全体的にヨタヨタとして脚がたるんだような印象をスッキリさせることが出来ます。

せっかくの素敵なハイヒール姿も、歩きにくさや普段の歩きクセから足が太くなってしまっては残念ですよね。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
woman_foot_02[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします