japanese_food_01

ツヤツヤのお肌に欠かせない!エストロゲンを増やす食べ物とは?

生理前や生理中はお肌の調子が悪い、と感じたことはありませんか?それは女性ホルモンのエストロゲンの分泌が少なくなるせいです。
女性の体の周期なので、ある程度は仕方のないことですが、エストロゲンの分泌が活発であれば、お肌の調子もよくなります。
エストロゲンを増やしたい場合、食べ物で増やすという方法があります。エストロゲンを増やす食べ物にはどのようなものがあるでしょうか?

女性ホルモンを増やす大豆イソフラボン


女性は大豆イソフラボンを積極的に摂ろう!とよく言われますよね。大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすると言われています。そのため、大豆イソフラボンを摂れば、エストロゲンの働きが期待できるのです。

大豆イソフラボンは、豆腐や納豆、厚揚げ、味噌などの大豆製品に多く含まれています。納豆や豆腐などは毎日食べられるものですね。朝は和食にして納豆と豆腐のお味噌汁などを食べるといいですよ。

卵巣を健康に保つ食べ物でエストロゲンを増やす


エストロゲンは卵巣で作られるものです。そのため、卵巣が元気で健康である必要がありますね。

卵巣の健康をキープするためには、ビタミンEが必要です。カボチャやアーモンド、モロヘイヤなどを食事に取り入れるようにしましょう。

エストロゲンの代謝をアップさせる食べ物とは?


エストロゲンの代謝をアップさせるには、タンパク質も重要です。良質なタンパク質を摂れる食品には、鶏肉や卵、ヨーグルトやチーズ、大豆製品などがあります。

また、代謝を促すのはビタミンB6という成分。ニンニクやマグロ、バナナ、牛肉のレバー、カツオなどに多く含まれています。普段からビタミンB6をしっかり摂っておくと、月経前症候群などの予防にもなると言われています。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
japanese_food_01

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします