food_carrot

ベジタブル・フルーツのフェイスパックでお肌にビタミンチャージしよう!

夏の紫外線にダメージを受けたお肌はいつも以上にビタミンを必要としています。
お肌にビタミンチャージできる野菜や果物を使った手作りパックの作り方と効果をご紹介します。

毛穴の汚れ対策に「ニンジンパック」


ニンジンにはβ-カロチンが豊富に含まれていますね。カロチンには体内で発生する活性酸素を除去する働きがあるのでニンジンでパックをすると、毛穴の汚れが取れてキレイになります。

■にんじんパックの作り方
まずニンジンをすりおろして、オリーブオイルを混ぜたものを肌に乗せます。そのまま15分程度おき、にんじんを顔から取ってから洗い流しましょう。

※にんじんのすりおろしは新聞紙やティッシュなどに包んでゴミ箱へ捨ててください。流すと排水溝が詰まってしまう原因になります。

血流を改善する「バナナパック」


バナナには、肌の血流を促すノルアドレナリンという成分が含まれています。ビタミンAやビタミンCも豊富なバナナは、食べてもいいですが、パックにするのもオススメです。

■バナナパックの作り方
バナナをフォークなどでつぶしながらペースト状にします。柔らかすぎる場合は小麦粉を足します。
肌に塗って15分ほど置いてから洗い流します。

バナナとはちみつを混ぜて使えば、ビタミンB群の効果で肌荒れを改善することもできます。

ニキビケアをしても一向によくならない、化学物質の多い化粧品が合わない、という場合は身近な野菜やフルーツ、はちみつやヨーグルトなどを使ってパックをしてみましょう。
無添加で、素材そのものの効果が期待できるパックがおうちでも簡単に作れますよ。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
food_carrot

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします