skincare_01

化粧水のスキンケアにおける役割とは?保湿効果を高める化粧水の使い方

多くの人がスキンケアをする際に化粧水を使っていますよね。ただ、化粧水の役割をきちんと理解したうえで使っているでしょうか?
実は、化粧水自体には「保湿効果や角質をケアする効果はない」と言われているんです!
化粧水の役割を確認するとともに、保湿効果を高める使い方について紹介しましょう。


化粧水の役割とは?


スキンケアの順番で言うと、化粧水は最初に使うことが多いと思います。お風呂上がりやメイクをする前も、最初は化粧水を使いますよね。

化粧水の大きな役割は肌のキメを整えることです。
洗顔後の肌は、汚れも落ちていますが、油分なども落とされている状態です。そのままファンデーションを付けてもノリが悪いですよね。クリームなどの馴染みもよくありません。

このような状態のときに、肌をなめらかにして、次に使う化粧品の肌馴染みをよくするのが化粧水の主な役割です。また、水分で肌を潤し、毛穴を開いて化粧品の成分を浸透させるという重要な役割もあります。

保湿効果のある化粧水とは?


化粧水は、基本的に保湿効果が期待できないものが多いです。水分なので、いくら肌につけても蒸発してしまうのです。
それでも保湿成分が配合されているものであれば、肌にうるおいを与え、保湿をサポートすることができます。

肌が乾燥しており、しっかりと保湿をしたい時には、セラミドやヒアルロン酸、グリセリン、天然保湿因子(NMF)などの成分が配合されている化粧水を選ぶといいでしょう。

肌の保湿のためにはコットン?それとも手?


化粧水の使い方によって、肌への保湿効果が違ってきます。
化粧水の使い方は、コットンでつける、手に取って使う、と2つに分かれますが、両方にメリットとデメリットがあります。

■手でつけると…?
手に取って使う方法は、肌への刺激が少なく、手のぬくもりによって肌への浸透性を高めることができますが、ムラが出てしまうのがデメリットです。

■コットンでつけると…?
コットンは、ムラなくつけることができますが、コットンの繊維が肌への刺激になることもあります。

どちらのやり方にするかは、自身の肌質や化粧水の性質に合わせて選ぶといいでしょう。

肌の保湿を高める化粧水の使い方


重要なのは、肌にうるおいを与え、浸透性を高められるように化粧水を使うことです。手やコットンで優しくパッティングをすること、量をたっぷり使うこと、最後に手で顔を包み込むように肌をおさえること、といった点に気を付けてみましょう。

化粧水をつけたらすぐに保湿美容液やクリームをつけることも忘れてはいけません。少しでも肌から水分が蒸発するのを防ぐためです。
また、お風呂上がりは水分が蒸発しやすい状態ですから、入浴後にすぐ化粧水を使うことも大切ですよ。

化粧水はただつけるだけではなく、より保湿効果を高められるような方法やタイミングを知り、正しく使いましょう。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
skincare_01

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします