20130828112303-2994-806_raw[1]

男性が本命女性だけに見せる言動・5選

みなさん、こんにちは。コンサルタントの木村隆志です。



男性には「本命の女性にだけ見せる」言動があることに気づいていますか? それらに気づければ、「好意を抱いているときは、良い反応を返す」「逃げたいときは、早めに距離を取る」など、幸せを引き寄せ、トラブルも避けることができます。



さて、男性たちは、本命の女性に対して、どんな言動を取っているのでしょうか。

背筋が伸び、アゴが上がり気味になる

もともと力の有無や勝ち負けに敏感な男性は、「自分を大きく見せよう」とする傾向があります。また、そんな気持ちがピークに達するのは、認めてもらいたい相手を前にしたとき。仕事では上司や憧れの先輩なのですが、恋愛では本命の女性がそれにあたります。実際、背筋を伸ばし、少しアゴを上げると、「活発で自信がある男性」という印象を受けるのではないでしょうか。

逆に、女性は本命の男性を前にすると、背筋を伸ばしつつも、アゴを下げてうつむき気味になります。その理由は、こうすると少し上目づかいになり、素直かつ従順そうな印象を与えられるからでしょう。

他の男性との違いをアピールする

面と向かって「オレはおすすめの男だから、つき合ってよ」なんて言える人はほとんどいません。多くの男性は、自分なりの言動で「オレならキミをこんなに楽しませられる」というアピールを密かにしているのです。

たとえば、彼女が行ったことのない場所でのデートを提案する。聞かれた以上の知識や情報を交えて返事する。家族や将来の話をして、優しい男という印象を与えようとする男性は、自分なりのアピールをしている可能性が高いでしょう。

やたら「大丈夫?」と心配する

多くの男性は、本命以外の女性に対して、「困ったときは助けてあげよう」とは思っていても、それほど心配はしません。

一方、本命の女性に対しては、考えている時間や見ている時間が長いだけに、些細なことでも心配になるものです。また、「コミュニケーションのきっかけにしたい」「悩みごとを聞いて心の距離を近づけたい」「理解者としての自分をアピールしたい」などの気持ちもあるでしょう。

ちなみに、女性は本命男性に「大丈夫?」と心配してもらいたくて、わざと困ったような言動を取ることがあります。

バレバレの小さなウソをつく

「この店よく来るんだ」「オレ、ワインは好きだから」「知ってる知ってる」。男性は本命女性に対して、このような小さなウソをつくことがよくあります。その理由は、「見栄を張ろうとしている」か、「思考能力が働いていない」から。

何とも思っていない女性なら正直に話してしまうのですが、本命女性には「できない」「知らない」と言いたくなくて、条件反射的にウソをついてしまうのです。女性から見たらすぐに見破れるウソでも、「私が本命だから言ってるのかな」と思ってスルーしてあげてもいいのではないでしょうか。

友人づたいで好意を示す

仕事ができるタイプでも、女性に慣れているタイプでも、いざ本命女性を前にすると、「何とか成功させたい」「絶対に失敗したくない」と慎重になり、友人に頼ることがよくあります。友人づたいで彼女の反応を探り、「脈がありそうなら告白しよう」「脈がなさそうならもう少し待とう」とするのです。

本来、男らしくない行為であり、「できれば避けたい」方法を敢えて取っているのですから、その好意に間違いはないでしょう。

女々しさも真剣さの証

ここで挙げた言動は、いずれも何気ないものばかりなので、彼をよく見ていればすぐに気づけると思います。飲み会なら2人きりで話しているとき、あるいは、初デートのときにこのような言動が見られたら、「私、本命なんだ」と思って、あなたの反応を決めればいいでしょう。

5つの項目だけを見ると、「女々しいな」と感じそうですが、それはマジメな気持ちの証。男性にも女性と同じように、こうしたかわいらしいところがあるのです。

(木村隆志/ハウコレ)

 

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

howcolle_logo
恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!
20130828112303-2994-806_raw[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします