20141117030957-3113-369_raw[1]

子ども恋愛なんてもう終わり!大人恋愛の楽しみ方・4つ

思い出してみてください。中学生・高校生の頃と大学生になってからの恋愛の仕方って違いますよね?

同様に、大学生から社会人になってから、20代から30代になってからも恋愛の楽しみ方は変わってきます。
「もうちょっと彼との関係を深めたい」と思っている人や「恋愛をもっと楽しみたい」と考えている人は、ぜひ大人恋愛の楽しみ方を参考にしてみては?


今日は、30代女性に「大人になったなと感じる恋愛の楽しみ方」についてインタビューしてきました。

1.短時間でスペシャルな体験をする


「お互いに仕事が忙しくて出張も多いので、会えるのは本当に少しの時間。だからこそ、1回あたりのデートがスペシャルです。割高になりますが、オシャレなお店に行ったり、時にはクルージングをしたり特別な思い出を増やすようにしています。
でも年間を通して見れば、頻繁に会っているカップルに比べてそんなにお金を使っているというわけでもないと思います。」(32歳/PR)

社会人になると学生の頃に比べて彼と一緒に過ごせる時間が減ります。
その分一緒にいられる時間がより大切になり、短時間でスペシャルな体験をしようと考えるのが大人恋愛の楽しみ方。

「時間が足りないからごはんを食べるくらいしかできないね」ではなく、時間はないけれど経験とお金を使って、短い時間をより楽しめる方法を考えてみては?

2.一緒に成長していく


「20代の時の恋愛は自分が幸せだったらそれでイイと考えていたように思います。
最近では、彼が外に出て他の人から嫌われたり迷惑をかけたりしてはダメだと思い、気になったことは直接指摘するようになりました。
彼も私のダメなところを教えてくれるので、お互いに一緒にいることで成長しているなと感じます。」(33歳/エステ)

彼の嫌な部分は見てみぬふりをして関わらないようにするのは子どもの恋愛。
大人の恋愛を楽しもうと思ったら、彼の嫌な面を見つけた時に、他の人が言いにくいことでも彼に伝えて一緒に成長していくことが大切なよう。

お互いを高め合える関係なら、辛いことがあった時にも、一緒に乗り越えていけますよ。

3.行動よりも気持ちを見る


「何かをしてあげたとかしてもらったとか、そういう行動ばかりを見ていると、『私はこんなにしてあげたのに!』という気持ちになってしまいがち。
でも、見えないところで彼が私のために気を使ったり頑張ったりしてくれることもあると思うので、行動だけじゃなく、彼の気持ちを重視するようになりました。気持ちを読むって難しいですけどね。」(31歳/カフェ経営)

例えば彼が「彼女にこんなことをしてあげたい」と考えていたとしても、時間的や金銭的など事情によりその想いが叶えられないこともあります。

その時に「結局やってくれなかった!」と行動を気にするのは子どもの恋愛。
それよりも、彼の気持ちを汲み取って「ありがとう」と言ってあげられる方が、お互いに嫌な思いをすることなく良い関係を保つことができるよう。

4.時には遊び遊ばれる余裕を持つ


「付き合っていた人がいましたが、彼が浮気をしているという情報を友達から聞いて。彼に聞いたらあっさり認めました。
昔の私なら泣いて暴れてたりしたと思うんですけど、その時は『そんな扱いされるならこっちから別れよう』と思い、別れを告げたら彼に泣いて謝られて。
決意は固かったので別れましたけど、彼を好きになったのも自分なので、今はイイ経験だったと思います。」(32歳/デザイナー)

恋愛に失敗は付き物です。男性に遊ばれていることがわかった時、ギャーギャーと騒ぐ女性はまだまだ子どもの恋愛中なのかもしれません。

それよりも、「男を見る目がなかった自分にも非があった」と考えてさっと身をひける女性の方が大人恋愛を楽しむことができるそう。
男性が「あれ?逆に俺が遊ばれた?」と思ってしまうくらいの引き際ができるのが大人恋愛を極めた女性。

恋愛は自己責任で成り立っているので、「時には遊び遊ばれる」と考え余裕がある人の方が、恋愛を楽しむことができるようです。

おわりに


子ども恋愛と比べるとこんな違いがあるんですね。
なかなか大変そうな方法もありますが、少し視点を変える意識を持てば、新たな関係が築けたり、次の恋愛に活かせる経験や知識が身につくはずですよ。

(栢原 陽子/ハウコレ)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

howcolle_logo
恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!
20141117030957-3113-369_raw[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします