woman_waist_01[1]

生理のとき、避けた方がいいこと。

生理痛に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
痛みはなくても、なんとなく腰のあたりが重く感じることありますよね。
今回は、そんな生理の時期を少しでも快適にするためのポイントをお教えします。

生理中は○○に注意。

生理の時に気をつけた方がいいこと。それは“冷え”です。
もう知ってる!そんな風に思う方もいるかと思います。けれど大事なのは、きちんと知った上で”対処実行すること”です。

生理中は体温が下がり、骨盤内の血行が悪くなっています。
冷えは生理痛の悪化も引き起こしますので、ご注意を。

・シャワーだけで済ませてしまう
・暑いからと言って、足首など肌の露出が多くなる
・冷たい飲み物を多く取る
・座りっぱなしで動かない
・きつめの洋服で締め付けがある

項目に当てはまった方は要注意です。ちょっとした要因でも、長時間続いたり積み重なることでカラダにとっては負担になります。

少しの心がけが、生理を楽にしてくれるはず。あなた自身が気づき、カラダを労わってあげることが大切です。

大事なのは、冷えをはじめ、カラダの変化に気づき労わること。

cl_img02[1]

「女性の身体のしくみを良く知り、今日はこれだけは気をつけようと心がけ、行動に移す。」
簡単なように思えますが、具体的に何をすればいいのかわからないし、意外とできないですよね。

そんなあなたにお勧めなのが有料版のルナルナです。
あなたの生理周期やホルモンバランスに合わせた365日毎日違うカラダやココロの状態やアドバイスをお知らせします。

~利用者の声~
○なんとなく気分が落ち込んでいるときなど、指数を読んで落ち込みの原因などがわかって安心します。 ちょっとすっきりします。 1日の過ごし方を考えるヒントになるのでよく使います。(28歳女性、1日1回朝起きてすぐ確認)
○便秘ぎみや、体が冷えると思ったときに見て今日の指数と照らし合わせてみる(29歳女性、1日1回休憩中などに確認)

この機会に有料版ルナルナを利用して、もっと自身を労われる、素敵な女性を目指しましょう。

ban_yuuryou

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
woman_waist_01[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします