woman_pain_04[1]

つらいつわりのピークはいつ?その時の対処法は?

妊娠中のつわりは個人差もありますが、ひどいと寝込んでしまう人もいます。時期も人によってさまざまです。
しかし、妊娠初期から出産までずっと症状がひどいかというと、そうではない場合がほとんどです。
つわりには周期があります。ピークや周期を知っていることで、気持ちが楽になったり対策を立てたりすることができますね。

つわりのピークはいつ頃?

通常、つわりは妊娠4~6週くらいから始まって、12~16週くらいには落ち着いてきます。ピークは妊娠7~9週頃という場合が多いです。
そうはいっても個人差が大きいので、9週くらいには症状がなくなる人もいれば、出産まで続く人もいます。
なかには、つわりがないという人もいるようです。

症状の程度もさまざまで、胸や胃がムカムカする程度の人もいれば、寝込んでしまう人もいます。
また症状がひどく、栄養障害や脱水症状などを起こす妊娠悪阻になってしまう人もいます。

つわりがひどい時の対処法

つわりの症状がひどい時には、無理をしないで休息を取るのが一番です。
電車の臭いや家事なども、においのせいで気持ちが悪くなってしまうことがあります。
そういった時には、家事を家族に手伝ってもらうようにしましょう。

会社には妊娠の報告をするとともに、短時間勤務や時差出勤などが利用できるようにしましょう。
仕事をしている人は、周りへの迷惑を考えてしまうと思いますが、それがストレスになってつわりを悪化させてしまうこともあるので、早目に相談をして、自分と赤ちゃんのための体をいたわるようにしましょう。

つわりで食事ができない時は?

妊娠すると、今まで大好きだった食べ物が食べられなくなったり、ニオイのせいで受け付けなくなったりして、思うように食事ができないことがあります。
その場合は、食べられるものを探し、できるだけ食べるようにしましょう。

ゼリーやヨーグルト、梅干しなど酸味のあるものは比較的食べやすいという声が多いです。
つわりがピークの時には、食べ物を見るのも嫌になることも。
その場合は、サプリメントで栄養を補給するのも一つの方法です。
葉酸やビタミンB12、B16、ビタミンCなどを摂るといいでしょう。

あまりにも症状がひどい時には病院へ

つわりといっても、症状がひどいと母体も赤ちゃんも危険になります。
次のような症状があったら、病院に行きましょう。

・朝から晩まで吐き通し
・水分を受け付けない
・尿がほとんど出ない
・体重が4~5kg減った
・フラついている

つわりもひどくなると妊娠悪阻という病気です。
仕方のないものだからと我慢せず、産婦人科に行って相談してみましょう。

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
woman_pain_04[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします