woman_smorking[1]

知らないと危険!タバコが胎児に与える影響とは?

お腹にいる胎児は、お母さんの食べる物や飲む物をはじめ、生活環境や心の状況など、さまざまな影響を受けるものです。そのため、妊娠した場合は食事の内容やドリンク類などに配慮しなければなりません。
その中でもとくに胎児に悪い影響を与えるのがタバコです。タバコは胎児にどのような影響を与えるのかについて知っておきましょう。

タバコは早産や流産を引き起こす

妊婦さんがタバコを吸うことで、早産や流産、死産などのリスクを高めると言われています。
タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素は有害物質です。これらが体内に吸収されることで、血管が収縮し血行が悪くなります。

子宮などの血液循環が悪くなると、胎盤の機能が低下し、胎児の成長を妨げてしまいます。
血行が悪くなり、胎児に必要な栄養や酸素が十分に届かないことも、胎児の成長を妨げるだけでなく、早産や流産、ひどいと死産の原因となるのです。

喫煙でリスクが高まる低出生体重児

妊婦さんの血流が悪くなる、酸素や栄養が子宮に届かないなど、タバコに含まれる有害物質が引き起こすリスクはさまざまです。その一つに低出生体重児があります。

低出生体重児とは、出生体重が2,500g未満の赤ちゃんのことです。
普通は母体の中で成長するべき機能が未発達のまま生まれてくるため、合併症や感染症にかかりやすくなるのです。

この病気によって考えられるリスクは、低血糖、低体温症、無呼吸などのほか、肺の疾患や呼吸障害などの疾患です。
さらに、乳幼児突然死症候群の危険性も考えられます。

胎児の成長にも悪影響がある

喫煙は胎児の成長にも悪影響を及ぼします。
妊娠中、胎児に酸素が十分に行き届かないことで、脳の未発達による言語障害が考えられ、近年では、集中力が続かない、落ち着きがない、思いついたことを考える前に実行してしまうという、多動性障害が増えていることも問題となっています。
さらに、妊娠中にタバコを吸っていた場合、子どもの身長と学力が低くなるという研究結果もあります。

お父さんも禁煙を

妊婦さんが吸っていなくても、夫が吸っていれば胎児への影響は免れません。
受動喫煙は、自分が喫煙をする場合と比べると、2~3倍ものニコチンを吸っていることになるのです。

さらに、タバコから出る副流煙には主流煙の2~50倍もの有害物質が含まれていると言われています。
妊婦さんだけではなく、家族の禁煙も必要です。
母体や赤ちゃんへの影響を考え、一刻も早く禁煙をしましょう。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
woman_smorking[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします