baby_foot[1]

不妊検査に基づき行われる不妊治療にはどのような方法がある?

女性でも男性でも不妊で悩む方が多くいる昨今、不妊検査、不妊治療を行っている方もいます。不妊治療に対する医学は進歩し、現在では高齢でも無事に妊娠・出産ができる時代になりました。
そうはいっても、不妊検査や不妊治療に関して不安を持っている方も多くいることでしょう。その不安を少しでも解消するためには、正しい知識を持つことも必要です。

不妊検査とはどのようなもの?

不妊検査は、卵巣や子宮の状態、ホルモンの状態などを検査して、不妊の原因を見つけます。
それらは月経周期によって変化するものなので、月経周期に合わせて行います。

基本的な検査が基礎体温の測定です。排卵の有無や排卵後の黄体機能を判断します。
他には、下記のような検査があります。

・子宮の疾患や子宮の状態を知る超音波検査
・卵巣の機能を判断する子宮頸管粘液検査
・子宮内の精子の状態を判断するフーナーテスト
・子宮膣の形や大きさ、卵管の狭窄、卵管の通過性などの有無を判断する子宮管造影検査
・ホルモン検査
・精液検査

原因に基づき行われる不妊治療の方法

不妊治療は、不妊検査の結果に基づいて行われます。
不妊治療にはさまざまな方法がありますが、代表的なものを挙げると次のような治療方法があります。

・タイミング法
通常、最初に行われることが多い治療方法で、排卵日を正確に把握し、その日に性交渉を持ってもらい、自然妊娠を目指します。

・人工授精
フーナーテストの結果がおもわしくない、タイミング法が上手くいかない、不妊の原因が精子にあると考えられる場合、男性の精液を人工的に女性の子宮内に注入する方法です。

・体外受精
体の外で、精子と卵子を受精させ、受精卵を子宮内に戻す治療法です。

・顕微授精
体外受精の一つで、ガラス管などを使い精子を卵子に注入することで受精をさせる方法です。

ホルモンバランスを整える不妊治療

不妊治療の一つに、カウフマン療法・ホルモン療法があります。
自然なホルモンの変化を、薬剤を用いて作る方法です。

カウフマン療法は、エストロゲンとプロゲステロンをタイミングに合わせて補充し、自然に月経が起こるようにします。
ホルモンバランスが乱れて、月経不順になっている人、自然排卵ができない排卵障害を持っている人に有効な治療法です。

ホルモン療法は、低用量ピルや中用量ピルを内服する治療法です。
不妊の原因として、ホルモンの分泌が正常ではないことが多いため、薬剤を用いてホルモンバランスを調整し、妊娠しやすい体にします。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
baby_foot[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします