mother_01[1]

不妊症の原因となる特に注意すべき疾患って?

もし、卵巣などに病気があると、妊娠できないことがあります。不妊症の原因となる病気について知り、心当たりのある人は、早目に治療をしましょう。

不妊症の原因となる主な疾患について


排卵障害の原因はさまざまで、主に次のようなものがあります。

・高プロラクチン血症
脳下垂体から出るプロラクチンホルモンは、通常授乳中に分泌されるものですが、妊娠と関係なく分泌されることがあり、授乳中と同じホルモン状態となるため、排卵が起こりにくくなります。

・卵胞ホルモンの分泌低下
卵胞刺激ホルモンや黄体ホルモンの分泌が足りないと、卵胞の成長が妨げられ、排卵できなくなります。

・多嚢胞性卵巣症候群
卵巣の表面が硬くなり、その皮を破ることができずに排卵できない状態です。
卵巣の中では複数の卵子が成長していますが、卵子の入った卵胞が卵巣に溜まっていきます。

・心因性の無排卵
ストレスなどによって、脳からの指令がスムーズに出せず、ホルモンの分泌が不十分になり、排卵が起こりにくくなります。

こんな卵管障害が増えています!


卵管障害の原因で増えているのが、クラミジアによる感染症です。
自分に性感染症なんて無関係!と思っていませんか?クラミジア感染症は、頻繁に見られる性感染症で、注意が必要です。

子宮頸管炎、子宮内膜炎、さらに卵管炎へと広がっていき、卵管の炎症によって癒着が起こり、卵子や精子、受精卵の通過障害を起こすのです。
卵管が狭くなったり、ふさがったりしてしまうと、排卵された卵子が取り込まれない、精子と卵子が受精できない、または受精卵が子宮に届かないなどのトラブルが起こり、妊娠できなかったり、妊娠しても子宮外妊娠になりやすかったりします。

卵管障害を起こすと、おりものに色やにおいがつき、下腹部痛や発熱を起こすこともあります。

一方で、自覚症状がないまま症状が悪化してしまうケースも少なくありません。
性交経験がある人は、年に1回は細菌検査をしてみることをオススメします。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
mother_01[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします