woman_ipad[1]

みんなの妊活を覗き見★妊活の実態調査

芸能人の実践で一般的に広がった「妊活」という言葉。
結婚して第1子を望んでいる方はもちろん、兄弟姉妹を計画している方や、将来的に子供が欲しい方も、なかなか人に聞き辛い妊活の実態について、ちょっとだけ覗いてみませんか♪
今回は、妊活中から出産までをサポートする定番サービス『ルナルナ』ファミリーコースから、妊娠中の方376人に、授かる前の妊活についてお聞きしました。
それでは早速、見ていきましょう!

Q1.妊活はしていた?

voice_22_q1[1]

子供を授かる前に妊活を行っていたと回答した人は56.6%。
実に半数以上の人が妊活を行っていたそうです。
「赤ちゃんがほしいなら妊活」は、今や普通のことなんですね。

また、年代別で「妊活を経て授かった」と答えた方は、29歳以下で48.1%、30~34歳で60.8%、そして35歳以上だと74.2%という結果になりました。
年齢が上がるにつれて、妊活の重要性は増すようです。

でも、妊活って一体どんなことをするのでしょう?
「なんか難しそうだけど…。」
そんな方のために、次の質問では実際に行っていた妊活の内容について聞いてみました。

Q2.実際に行っていた妊活は?

 

voice_22_q2[1]

(注:14項目のうち複数回答でお答え頂き、上位5位を掲載しています。)

トップとなったのは「タイミング法」。
タイミング法とは、妊娠しやすい日を狙ってセックスをする方法のことです。
病院でも、不妊治療の最初のステップとして広く指導されています。

また、2位の基礎体温の計測は、毎朝起きたばかりの体温を測り、その変化で自分のホルモンバランスを調べる方法です。
自分のカラダが妊娠し辛い状態になっていないか?や、排卵日などを把握することができます。
基礎体温とタイミング法を組み合わせることは、手軽な方法として多くの人が実践しています。

妊娠しやすいタイミングって?

ただ、ここで注意があります。
あなたは、最も妊娠しやすい日は排卵日だと思っていませんか?
実は、これは多くの人が勘違いしているポイント。
排卵日ももちろん妊娠可能性は高いのですが、どうせなら最も妊娠しやすい日(ルナルナでは「仲良し日」と呼んでいます)にチャレンジしたいですよね。

この「仲良し日」は、生理周期の関係で人によって異なります。
そこで、どうしても「仲良し日」を知りたい人には、『ルナルナ』ファミリーコースがオススメです。
『ルナルナ』ファミリーコースでは、妊娠に成功した先輩ママたちのデータを基に、生理周期を入力するだけであなただけの「仲良し日」を教えてくれるんです。

bg-no-repeat-9[1]

「妊活」と言っても、情報収集から体外受精まで方法は様々。

先輩ママたちの妊活事情、ご参考になりましたでしょうか?
妊活を難しく考えすぎず、まずは家で手軽にできることから始めてみませんか♪

 

letsstart

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
woman_ipad[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします