maternity_05[1]

分娩の痛みが和らぐ「無痛分娩」とは?方法と注意点

皆さんは、痛みをなるべく感じないようにする無痛分娩についてご存じでしょうか。
出産の痛みは、例えようがないほど痛い、とよく言われます。
それも長時間にわたって痛むのですから、出産が怖い、と思ってしまうのも無理はありません。
そんな不安を和らげてくれるのが、無痛分娩です。
そこでこちらでは、無痛分娩の方法および注意点についてご紹介します。

無痛分娩とは?


無痛分娩とは文字通り、痛みを感じない方法でお産をおこなう出産方法です。
具体的には、ラマーズ法で呼吸に集中することで、陣痛や分娩の痛みを緩和したり、麻酔を使って痛みを感じないようにしたりします。

麻酔を使うといっても、眠ってしまうわけではなく、意識がはっきりしていますので、生まれた赤ちゃんを抱っこすることも可能です。
また陣痛の痛みが緩和されるほか、出産後の回復が早い、赤ちゃんへの薬の影響がないというメリットもあります。

無痛分娩でも全く痛みがないわけではない


無痛分娩の方法として主流になっているのは、硬膜外麻酔を用いたものです。
背骨の骨にある硬膜外腔と呼ばれる箇所に、カテーテルを挿入し、麻酔薬を注入します。

この方法を使えば、痛みはほぼ緩和されますが、痛みの程度にはどうしても個人差が出ます。
痛みを全く感じなくなる人もいれば、鈍痛のような痛みを感じる人もいるようです。
それでも、自然分娩よりは痛みは少ないでしょう。

また、和痛分娩という方法もあります。
この方法は痛みを全く感じさせないようにするのではなく、耐えられる痛みまで抑えるものです。
麻酔の量が少なくなるので、分娩が滞らなくて済むというメリットがあります。

無痛分娩のデメリットはあるの?


痛みがなくなる無痛分娩ですが、デメリットも知っておきましょう。
ひとつは陣痛が弱くなることで、分娩の進行が妨げられることです。
その分、分娩の時間が長くなり、医療介助が必要となることもあります。

あと、無痛分娩は基本的にほとんどの人に適応されますが、例外もあることを知っておくべきです。
たとえば、血が止まりにくい、脳や脊髄神経などの疾患がある、脊椎の手術をしたことがあるなどといった場合には、硬膜外麻酔を使うことができないので適応外になります。

また、無痛分娩には医師が麻酔についての知識を要していなければなりません。
ですから、すべての病院において無痛分娩ができるわけではないのです。
無痛分娩を希望するなら、病院での無痛分娩への取り組みについてよく話を聞くようにしましょう。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
maternity_05[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします