ninkatsu_01_01[1]

「妊活」を知り、【任活】を考える、男性限定フューチャーセッション Vol.01 前編




ルナルナ×みんなのウェディング コラボレーション企画 ~2月22日は、パートナーと【任活】を考える日にしよう~



(株)エムティーアイが運営する、女性のカラダとココロの健康情報サイト『ルナルナ』では、サイト内でのユーザー調査をまとめ、毎月「ルナルナ通信」として発信しています。

2月17日(火)に開催された、男の座談会、“「妊活」を知り、【任活】を考える、男性限定フューチャーセッション” の模様についてお届けします。

『ルナルナ』と結婚式場口コミサービス「みんなのウェディング」は、これまで、女性の恋愛・結婚・妊娠・出産・育児など、ダイレクトなユーザーである「女性」にフォーカスしてきました。

しかし、これらすべてのシーンには、「女性」だけでなく「男性」の協力が必要です。

そこで少し視点をかえて、これらの行為にパートナーである「男性」が積極的に関わるようになったら、世の中は少し変わっていくだろうか…。そう考えて実験してみることにしました。
妊娠・出産からの着想ではありましたが、結婚・結婚式についても、主役は多くの場合「女性」で、主体的になる男性はまだまだマイノリティ…。
そこでみんなのウェディング社の協力のもと、両社の精鋭15名の男性社員を集めて実施した座談会では、男性ならではの意見や、女性からは想像もしなかった想いなど、新しい発見がたくさん詰まった、内容の濃い座談会となりました。

「イクメン」「イクボス」・・・時代のトレンドは女性に寄り添うオトコの姿、「妊活」だって自分ごと!

“将来自然に妊娠しやすくするためのカラダ作りや生活スタイルを整え、前向きに活動する”を定義とする「妊活」は、2011年の日経ウーマンオンライン読者アンケートによる「女子的流行語」(※)でも選ばれたように、ライフスタイルのひとつのアクションとして定着してきました。

また最近社会では、「イクメン」や「イクボス」といった、妊娠・出産・育児に理解を示したり、積極的に参加したりする男性が増え注目されるなど、「男性の積極的な女性への寄り添い方」に関心が集まっています。
ところが、パートナーである女性のことを男性同士で対話する場や機会はあまりなく、まだまだ女性主体なイメージを拭えません。
しかし、妊娠・出産・育児にも、男性だからできる、男性らしい携わり方があるはずです。
これまでの「男性は興味がない(はず)」という考えを払拭し、いよいよ“主体的に関わる男性を価値化していく”流れが来ているように思います。

※参考:2011年の女子的流行語は「節電」「妊活」(日経ウーマンオンライン)

「妊活」を支援する、男性視点での主体的な行動を、私たちは【任活】と呼んでみることにしました。

「妊活」という言葉は、男性からすると主体的になりづらい言葉にも聞こえます。

しかし、妊娠・出産・育児は二人で行うもの、女性の頑張りのみならず、男性の協力も不可欠です。
そこで、男性だからこそできる関わり方を模索するために、「妊活」の「妊」の字を、“任せられた役目”といった意味の「任」に変えて【任活】としてみてはどうでしょう?
どこか男性が主体的になれそうな気がしてくるから不思議です。

父になる役目に、自然におおらかに気持ちの面からシフトしていく…積極的に取り組む男性層を増やすことは、社会にとっても、女性にとってもプラスに作用するに違いありません。
banner_next_s

20151110cybozu_event

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
ninkatsu_01_01[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします