ninkatsu_02_07[1]

「私たち(男性)が性生活について女性のストレスになっていると感じる瞬間は何か?」 それに対して「僕たちがいまできることは何か?」

「私たち(男性)が性生活について女性のストレスになっていると感じる瞬間は何か?」 それに対して「僕たちがいまできることは何か?」をテーマに男性16名が真剣にディスカッションしました。

まずは本音で話し合う・・・時間の確保や雰囲気作りも重要

とてもデリケートな話題のため、夫婦でもなかなか話し合われないのが性生活の悩みです。しかし、セックスは妊活にとって必要不可欠な行動のため、いかに快適で不満を少ないものにできるかがとても大切になります。
今回、4つのグループに分かれて真剣にディスカッションをしたところ、すぐに、もしくは将来役立つと思われる具体的なアイディアが次々と飛び出しました。

<男性が思う女性がストレスになっている性生活の課題>
・自分の性癖を強要していないか、強引に誘っていないか
・セックスの後すぐにタバコを吸うなど雰囲気を壊していないか
・相手の容姿について気にしすぎていないか
・体臭や口臭などニオイへの配慮は足りているか
・結婚してから魅力がなくなっていないか
・体力やテクニックが不足していないか
・子供の存在や、時間が無いことを理由にしていないか
・空間や環境がマンネリ化していないか

<今後、提案・実践していきたい解決策>
・趣味趣向を含め対話をきちんとする、本音をオープンにする
・事前、最中、事後の雰囲気作りを怠らない
・相手の体型・容姿を気にしない
・自分の魅力を高める意識を持つ
・環境を変えるためホテルなど家以外の場所に行く
・子供を親に預けるなどして、夫婦の時間を作る
・日本セックスDAYを作る
・忙しさを言い訳にしないため、その日は有給休暇をとる

ninkatsu_02_09[1]

たくさんの課題が発表されましたが、その数を上回る積極的な解決策が数多く提案され、妊活に積極的に関わることでパートナーの悩みや不満を減らしたいという男性の思いが伝わるディスカッションとなりました。

「会話を増やす」「相手目線」「認め合う」・・・それぞれに思う、ぼくたちの任活宣言!

最後に、2つのミニ講義やディスカッションを経て、今後、実践したいことや提案したいことなどを、参加者それぞれの視点で考えた「ぼくらの任活宣言」を、色紙に書いてもらいました。
発表された「宣言」は、大きく分けると3タイプあり、女性のキモチを理解し、寄り添うことの重要性に共感した男性が、今後どのようなことを重要視したパートナーシップを築いていきたいかが、感じとれるものとなりました。

ninkatsu_02_10[1]

・会話を増やし傾聴する
「妻の悩みを聞いてあげよう」、「会話を増やす」、「話し合うかつ聞く」、「認め合って会話すること」
・妻への理解や絆を深める
「改めて思いを共有し家族の絆を深めよう」、「今よりも好きになる」、「相手目線」、「家族・LIFE・DESIGN」、「女・妻・母(を全て愛する)」、「本質の愛」、「男と女(の差を意識する)」
・妊活への新しい提唱!
「いつまでも楽しくセックス」、「MUST ×、WANT○」、「ずっと恋人」、「本心を悟られず、前向きに頑張る」、「理解・体力・魅力(を身につける)」

妻とよく会話し傾聴することで理解を深め、恋人の頃のような新鮮な気持ちでともに人生を歩んでいく・・・そんなステキな宣言がたくさん発表されました。

ninkatsu_02_11[1]

<総括として、ナビゲーターの小菅氏から「ニンカツ3ステップ」を提唱!>
【認活】→【任活】→【妊活】

「『妊活』は、パートナー双方が協力して行う活動であることを認め(認活)、任し任され合う関係(任活)から生まれる。」
少子化が進む現代社会で、女性がメインで語られる「妊活」を、男性側からも課題意識をもって向き合ってもらうきっかけになれば・・・という思いとともに開催している座談会ですが、今回の座談会からは、イマドキの出産子育て世代の男性の「任活」に関する熱い思いと、意識の高さが感じられました。

編集後記:ルナルナから

今回は、総合婚活サービス事業を手掛けるIBJとのコラボ企画とあって、独身男性も積極的に話題に参加していました。
そして、“妊活とセックスについて”というなかなか男性同士でも話題にしづらいテーマを真剣にかつ本音でアツく語りあってくれました。

そしてどんなときでも“相手の立場に立ち、相手を気遣うこと”これは、婚活や妊活、男女の関係に関わらず人として良好な関係を築くための基本なのだと思わされる90分でした。
「相手を認めること」「理解すること」「話を聞くこと」そんな当たり前のことが、できそうでできていない夫婦も多い中、今回の16名の精鋭たちは、それぞれに妻や彼女を想い、自分なりの任活宣言をしてくれました。認め合い、理解しあえた夫婦間では、「妊活」が【認活】【任活】に変わっていくことでしょう。そんな明るい未来の夫婦の在り方を、『ルナルナ』はこれからも応援していきます。

ますますパワーアップし、継続していきたい「男性の【任活】」企画、今後もぜひご期待ください!

◆株式会社IBJ
2000年に創業以来、日本で最初の婚活サイト「ブライダルネット」をリリース後、お見合いパーティー事業、対面型結婚相談所事業、及び日本結婚相談所連盟事業を開始。
現在では約37万名を誇る会員基盤と、加盟数約1,044店舖の店舖ネットワークを擁する日本最大規模の企業と成長しています。
国策としての少子化対策が注目される中、地方自治体への婚活支援事業にも注力するなど様々な事業展開を行っています。

 

20151110cybozu_event

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
ninkatsu_02_07[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします