fruit_mikan1[1]

みかんダイエットでキレイになる!効果を出すためのポイントとは?

特に寒い季節が近づいてくるとみかんが恋しくなりますよね?甘くて食べやすいのでつい何個も食べてしまいがちですが、食べ過ぎるとお腹が痛くなることがあります。
それは、みかんに含まれる食物繊維のせいかも。つまり、食物繊維が多いみかんは「ダイエット」にも役立つということです。今年の冬のダイエットに取り入れてみては?

みかんに含まれるペクチンがダイエットに役立つ


みかんにはペクチンという食物繊維が多く含まれています。
ペクチンはコレステロールを吸収してくれる働きや、善玉菌を増やし腸内環境を整える働きがあります。そのため、便秘を解消し、ダイエット効果を高めてくれると言われています。

さらにクエン酸も含まれているみかん。
クエン酸は体内の糖質を燃焼させるサポートをしてくれるのです。
疲労回復にも役立つので、ダイエットで運動をして疲れた際にも食べると良いでしょう。

血行をよくするヘスペリジンとは?


みかんにはヘスペリジンというポリフェノールが多いのも特徴。
ヘスペリジンは毛細血管を強くする働きがあり、血行をよくしてくれるのです。そのため、中性脂肪を蓄積させずにすむというわけです。

さらに、ヘスペリジンはビタミンCを守る作用も。シミやくすみを予防するなど、美肌効果も期待できます。

fruit_mikan2[1]

みかんでダイエットをするにはコツがある


みなさんは、みかんを食べる時どのように食べていますか?
皮をむいて白い筋もきれいに取って食べている人も多いのではないでしょうか?
その方が口の中がゴワゴワせずに済みますよね。

しかし、そのように食べているとダイエット効果も出にくいのです。
なぜなら、ペクチンやヘスペリジンはみかんの内皮や白い筋に含まれているから。

みかんでダイエットをしたいのであれば、内皮も白い筋も食べるようにしましょう。
どうしても食べにくいというのであれば、ジュースにして飲むといいですよ。

みかんダイエットの効果をアップさせるには?


みかんダイエットの効果をアップさせるには、“食事の前”にみかんを1個食べること。
そうすることで、ペクチンが糖やコレステロールの吸収を抑えてくれます。
さらに、水分と混ざってお腹の中で膨れ、満腹感を得られるため、食事の量を減らすことができますよ。

食べ過ぎると糖分も摂取することになるので、カロリーの過剰摂取になってしまいます。
みかんの目安は1日3個。食事の前に1個ずつ食べるようにしましょう。

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
fruit_mikan1[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします