hine1[1]

ルナルナ×サイボウズ コラボレーション企画 be smart project-まずは僕たちからスマートに。「おとなの、ぼくらの」課外授業 in cybozu ③

(株)エムティーアイが運営する、女性のカラダとココロの健康情報サイト『ルナルナ』では、サイト内でのユーザー調査をまとめ、毎月「ルナルナ通信」として発信しています。



今回は番外編として、11月10日(火)に開催された、「女性に賢く(smart)寄り添う男性を増やしたい」をテーマとした“「be smart project -まずはぼくたちからスマートに。」の第一弾イベント“おとなの、ぼくらの」課外授業 in cybozu”の模様についてお届けします。

2 時間目‐【保健体育】:「改めて知る、カウンターパートの女性性~知っていそうで知らない女性のカラダおはなし~」

続いて、2 時間目は『ルナルナ』より、【保健体育】の授業。パートナーである男性に女性のカラダとココロについて知ってもらい、女性への賢く、ステキな寄り添い方を考えてもらう時間にしました

<女性の一生は女性ホルモンに操られている!?>

まず、最初に、女性ホルモンにまつわる女性のカラダについて学んでもらいました。

女性ホルモンの分泌量は年代やライフステージによって変化しており、妊娠・出産時期を迎える20~30 代では、もっとも女性ホルモンの分泌量が多くなっています。

こうしたホルモンバランスの変化によって、女性のココロとカラダのバランスは崩れがち・・・そんな話に頷きながら耳を傾ける男性達の姿は真剣そのものでした。

女性ホルモンには、妊娠するための卵胞ホルモン(エストロゲン)と妊娠を継続するための黄体ホルモン(プロゲステロン)の2 種類のホルモンがあり、“プロゲステロン”は、生理前のイライラの原因とも言われています。

パートナーのあの時のイライラの原因はコレかも・・・?と思い巡らす参加者男性。クイズを交えながら、生理と妊娠のしくみについての説明もあり、ちょっと男性には難解な話も楽しみながら、女性特有のカラダとココロについて学びました。

また出産機会の減少や出産年齢の上昇、初潮の低年齢化など少子化にまつわるライフスタイルの変化から子宮筋腫や子宮内膜症といった婦人科疾患の罹患率のUP や低年齢化といった、パートナーとしても大変気になる問題も伝えられました。

hine1[1]

<妊娠中・産後・更年期は3 大ホルモンバランス大変動期!>

次に、女性の一生の中でホルモンバランスの増減が激しい妊娠中・産後・更年期のカラダとココロにあらわれる変化について学びました。

妊娠中の初期は特にプロゲステロンが増加し、イライラしたり感情の起伏が激しくなったり、肌荒れや便秘などの症状もあらわれがちです。

一方、産後はホルモンの分泌が一気に減少し、白髪や抜け毛に悩まされたり、産後うつのような症状が見られたり、出産の喜びとともに心身ともに辛いと感じる時期を迎える女性も多く見られます。

この時期は、男性のサポートも重要で、“何気ない感謝の一言”や“さりげないいたわりの気持ち”がより良いパートナーシップにつながると言えそうです。

また、これから迎える更年期をどう乗り越えるかなども夫婦関係のターニングポイントとなりそうです。

実体験から身につまされる男性も多く、気持ちも新たにパートナーへの接し方を深く考える姿がとても印象的でした。

kougi1[1]

<女性の人生は選択肢が増えた分、自己責任も・・・>

最後に女性を取り巻く社会の変化についてのお話。「結婚」「出産」「育児」「仕事」これらをどのようにデザインするのか・・・

時代の変化と共に、女性の人生における選択肢も増加しました。
それにより、女性は「自由」を手に入れると同時に、自分の人生における責任も重くなってきているというなかなか深い内容に、一同聞き入っていました。

そして、“2人で歩む人生は、2人で理解を深め、デザインをしていくもの。女性のカラダとココロを理解し、パートナーとして寄り添う男性が増えますように・・・”

『ルナルナ』からのそんなアツイ想いで2 時間目の授業は締めくくられました。

banner_next_s

 

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
hine1[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします