sengen-11[1]

ルナルナ×サイボウズ コラボレーション企画 be smart project-まずは僕たちからスマートに。「おとなの、ぼくらの」課外授業 in cybozu ⑤

(株)エムティーアイが運営する、女性のカラダとココロの健康情報サイト『ルナルナ』では、サイト内でのユーザー調査をまとめ、毎月「ルナルナ通信」として発信しています。



今回は番外編として、11月10日(火)に開催された、「女性に賢く(smart)寄り添う男性を増やしたい」をテーマとした“「be smart project -まずはぼくたちからスマートに。」の第一弾イベント“おとなの、ぼくらの」課外授業 in cybozu”の模様についてお届けします。

終礼:「ぼくらのパートナーシップ宣言」

sengen-11[1]

最後に、3 つの授業で学んだことから得られた、パートナー対してこれから実践したいことや、女性に対する意識の変化などを、「ぼくたちからスマートにできること」宣言として、色紙に書いてもらいました。

サイボウズの青野社長は「信」と大きく一文字を書き、「妻の言う事を信じることが大切」と宣言。

ほかにも、「1日1 回ハグ」や「LINE での会話をなるべく減らす」などの、今どきらしい宣言もみられました。

また、「会話や一緒に過ごす時間を増やし、パートナーを理解しよう」といった、素直になってパートナーに男性から歩み寄ってみようという内容が多く見られ、小菅氏から発信された「男性はなかなか素直になれない生き物だけど、それを認めることで次のステップに進める。

この会で得た知見を身近な人に話すことで、自分の得た知見が社会に役立つことを感じてほしい」とのメッセージ通り、一歩、ステップアップした参加者の意識の変化が感じられました。

【編集後記:ルナルナから】

イクメン大先輩の取り組みや、変化する女性ホルモンの知識、愛妻家協会のプロジェクトなどなど・・・

違う立場にいる3人の講師が、自らの経験と知識をアツく語ったことで、参加者は「どう自分らしくパートナーに寄り添うか」に関するヒントをもらい、新たな気付きを得て笑顔で会場を後にしていました。

イベント後のアンケートでは

「女性の言動の背景を考えるようにしたい」
「育児は子どもを大切にするのはもちろん、妻を大切にせねば!」
「パートナーと理想の未来をとことん語らう」
「産後の妻を、今まで以上に思いやって接したくなりました」

など、意欲あふれるコメントがたくさん寄せられていて、参加者の新たな決意や気持ちの変化が感じられました。

より良いパートナーシップを築き「女性に賢く寄り添う男性」が一人でも多くなるように、『ルナルナ』はこれからも応援していきます。
「be smart project ~まずはぼくたちからスマートに。」プロジェクトに、今後もぜひご期待ください!

sengen2[1]

サイボウズ株式会社


1997 年の創業より、チームの情報共有に役立つグループウェアを開発・販売。

グローバルに拠点をもつ大規模チームから家族などの小規模チームまで600 万名を超えるユーザーに利用されています。
近年はソフトウェアのライセンス販売に加え、サーバーやセキュリティなどの運用環境を提供するクラウドサービスを提供しています。

世界中のチームワーク向上をミッションとし、多様性を尊重した新しい働き方に取り組んでいます。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
sengen-11[1]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします