hcu_484

妊娠超初期症状の腰痛の特徴や見分け方

その腰痛、妊娠しているサインかも!妊娠するとすぐに体の中で色々な変化が始まりますが、その中には腰痛もあります。お腹も大きくなっていないのになぜ腰痛に?ここでは妊娠超初期に現れる腰痛の原因と対策をドクターが解説します。

腰痛を抱える女性はたくさんいますが、いつもと痛む場所が微妙に違うと感じた方は、もしかすると妊娠の可能性も。一般的に妊婦さんの腰痛と聞くと、お腹が大きくなってからだと思いがちですが、実は妊娠の超初期段階にも腰痛が現れることがあります。原因は一体何なのでしょうか?原因と対策について詳しく紹介します。

妊娠超初期症状の可能性がある腰痛の原因

妊娠後すぐに分泌が始まるホルモンがあります。これは「リラキシン」という卵巣ホルモンで、月経前や妊娠後期にも盛んに分泌されます。このリラキシンは、骨盤周りのじん帯を緩ませ、出産に向け骨盤が少しずつ開くよう働きかけます。

しかし、骨盤周りのじん帯が緩くなることで、骨盤はぐらつき不安定になります。このぐらつきを支えようとする骨盤や腰回りの筋肉に負担がかかり、それが腰痛を招きます。骨盤が不安定なまま姿勢を保とうとするため、腰痛だけではなく背中や足の付け根が痛むケースも出てきます。また、妊娠前から腰痛が起こりやすい方や筋力の弱い方は、妊娠初期から腰痛になりやすいと言えます。

妊娠初期症状と生理前の腰痛は、どうやって見分ければいいの?

リラキシンの作用により骨盤周りが痛むようであれば、妊娠超初期症状の可能性がありますが、実は月経前にも同じホルモンの作用で、似た痛みがあります。こういった痛みは感じ方も度合いも個人差があるので自己判断が難しいこともあります。

その場合は、腰痛以外に普段の体調と変わった点がないか思い返してみましょう。妊娠の兆候としてよく見られる、眠気が取れない、情緒不安定、熱っぽい、だるい、胸が張ってきたなど、腰痛と同時にこのような症状が見られたらそれは妊娠のサインかもしれません。

妊娠にともなう腰痛はいつまで続く?

もちろん個人差がありますが、妊娠初期に現れた腰痛はしばらくの間続きます。子宮が大きくなると、物理的な圧迫が加わるため、背骨への負荷が腰痛となって現れます。体重の増加や、大きなお腹を支えるために反り腰になることも、腰痛を引き起こします。

さらに、出産後も、長い方は3年を経過しても痛みが残存するという研究結果もあるほど、多くの方が腰痛に悩まされています。

妊娠超初期症状に見られる腰痛への対策

● 腰回りを冷やさない

腰痛対策には、とにかく腰回りを温めることが大切です。腰痛が原因で動くことが億劫になってしまうのもわかりますが、ジッと動かないでいると血行が悪くなり、さらに筋肉も固まってしまいます。緩めの腹巻や入浴、軽めの運動で体を芯から温めましょう。

● 腰痛に効くストレッチの方法と注意点

血行をよくするため、軽いストレッチを行うこともおすすめです。

二人で向かい合い、お互いの肩に手を置いて、ゆっくりと息を吐きながら腰を曲げます。背筋が伸びるのを感じながら、筋肉の緊張をほぐし、腰痛を緩和させましょう。

ただし、妊娠前から運動している方は骨盤を支える筋力がしっかりしていることもあり、腰痛になりにくいといわれますが、そうでない方は注意が必要です。妊娠初期の激しい運動は流産につながることもあるので、運動については医師と相談しながら行いましょう。行う際も、お腹に負担がかからないよう注意してください。

● サポーターを活用する

初期から使える妊婦専用の腰痛ベルト、骨盤ベルトで支えてあげることも有効です。このような専用ベルトは、骨盤を整え、妊娠に関わる不調を軽くすることや産後の体の戻りを早めることもわかってきています。

● 姿勢にも注意

腰を曲げる姿勢は、腰に負担を与えます。しゃがむ際には片ひざをつくなど、意識して腰を曲げないようにしましょう。また、ヒールはおすすめできません。反り腰になってしまうためです。平坦な靴を履くようにしましょう。

もちろん、あまりにも痛みがひどいときは、我慢せず早めに医師に相談するようにしましょう。

 

その他のヘルスケア記事をもっと読む
※外部サイトに移動します

この記事の監修ドクター
矢追医院 院長
矢追正幸先生

この記事のキュレーター

healthcare_u_icon150_2
ドクターをはじめとした専門家のご協力のもと、主に医療・健康に関する情報の発信中!
hcu_484

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします