woman_sleeping_02

生理前は、ぐっすり眠ってキレイを作る!

知っていますか?実は、女性ホルモンは睡眠に影響を与えています。とくに眠くなりやすいのが生理前の時期。寝ている間に肌は生まれ変わります。眠気を味方につけ、夜の睡眠の質を高めて、キレイを目指しましょう!

女性ホルモンと眠気の関係

生理前の症状で、意外と多いのが「眠気が増した」というもの。
それは、排卵後に多く分泌される“プロゲステロン”によるものです。

プロゲステロンには睡眠作用があります。
妊娠したばかりの時は、「眠気が増す」とよく言われますが、これもプロゲステロンの分泌量が増えることが原因です。

夜遅くまで起きていて、睡眠時間が短くなっていませんか?
睡眠不足の状態になると、昼間の眠気や疲労感、集中力の低下などさまざまな不調をもたらします。そこにPMSが重なるといっそう「眠くて仕方ない」状態になるのです。

昼間に眠くならないよう、夜ぐっすり眠るようにしましょう!

ぐっすり眠るためのポイント

今日からぐっすりと眠るためのポイントはコレ!

<起床後>
・朝起きたら太陽にあたる
・通勤時にちょっとウォーキングを取り入れて、適度な運動をする

<帰宅後>
・ちょっと早めのお風呂。湯船につかってリラックス
・夕食は、良質なたんぱく質・カルシウム・ビタミンB群を摂取
・カフェインやアルコール摂取はやめて、ハーブティー
・パソコン/スマホなどの光の刺激を避ける

レンコン、ゴボウ、ニンジンなど根菜類はカラダを温め、快適な眠りを誘うのでオススメ!
お好きなレシピで試してみましょう!

ルナルナ有料版のお告げでも、ホルモンバランスに合わせ、摂るべき栄養素などをご紹介しています。
今のあなたに、今必要な情報をお知らせ!さっそく試してみませんか?

lnln201506_01

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
woman_sleeping_02

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings