hcu_501

食欲が止まらない!生理前に太るのを予防する方法

生理が近づくと、食べても食べてもまだ食べたい…ということはありませんか?生理前は食欲が旺盛になったり、甘いものがむしょうに食べたくなるものとよく言われますが、それはなぜでしょうか?生理前に食欲が増える仕組みとその予防法について、ドクター監修による記事で詳しくお伝えします。

生理前に食欲が増えて困っている女性は珍しくありません。

実はこの食欲は、生理の周期のなかで分泌される女性ホルモンの中でも、排卵後に多く分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)が関わっていると言われています。

女性ホルモンと食欲の関係を紐解き、生理前に食欲が増える原因を解説します。

黄体ホルモンが分泌される時期は太りやすい

生理のサイクルは、「妊娠」を中心にまわります。なかでも黄体期(黄体ホルモンが多く分泌される排卵以降から生理までの時期)は、身体が妊娠しやすい状態へとシフトする時期です。

そのため心身共に不安定になり、それを落ち着かせようと甘いものが食べたくなると言われます。

さらに黄体ホルモンの分泌によって血糖値が下がり、血糖値を安定させようとアドレナリンが分泌されます。アドレナリンは失われた栄養を補おうとして作用するため、それに伴い食欲も増進します。

この時期の身体は養分を蓄えようとしているため体重が増えやすくなっており、1~3kgの増えは自然なことだと言われます。また、この時期に増えた体重は生理後、元に戻るとも言われています。

生活の中でできる太らないための工夫とは?

生理前に体重が増えるのが普通のこととは言え、食べ過ぎは禁物です。太り過ぎを防ぐためにも、食べたい欲求を抑える工夫を試みましょう。

まずは、強い空腹の状態を作らないことです。空腹を我慢していると余計食欲が刺激されますので、少ない量で食事の回数を増やしたり、お腹が空いたら我慢せずに少しでも何か口に入れたりすることをオススメします。

また噛むと満腹中枢が刺激されるので、食べる際にはよく噛むようにしましょう。玄米やカボチャ、サツマイモなどは血糖値を保って過剰な食欲を制御する作用があるため、これらを意識してとることも有効です。

黄体期は身体がむくみやすいので、水分の排出を促す食品をとってむくみを和らげることも大事です。これには利尿作用のあるネギや大根、ゴボウがオススメです。

卵胞期は身体を戻すチャンス

黄体期は食欲が増進して太りやすい時期ですが、生理が終わってから次の排卵日までにあたる卵胞期は代謝が良くなり心身共にバランスがとれる期間です。

よって、ここで生活をしっかり整えて身体を戻すようにしましょう。

ダイエットにも効果的な時期なので、バランスの良い食事と運動を上手に取り入れられれば、理想の身体を手に入れることも可能です。  

他のヘルスケア記事をもっと読む
※外部サイトに移動します

この記事の監修ドクター
ココカラウィメンズクリニック 院長  伊藤加奈子先生

この記事のキュレーター

healthcare_u_icon150_2
ドクターをはじめとした専門家のご協力のもと、主に医療・健康に関する情報の発信中!
hcu_501

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします