01-11_09503010971

妊婦さんは要注意!妊娠中に食べない方がいいもの

妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにもしっかり栄養をとっておきたいところ。とはいえ、何でも食べればよいというわけではありません。妊娠中は免疫が低下しやすくなっており、細菌感染による食中毒には十分に注意しなければいけません。妊娠中に控えたい食材についてご紹介します。

妊娠したら、まず気を付けたいのが食事です。 栄養をしっかりとって、赤ちゃんの成長を手助けしたいですよね。 とはいえ、栄養になるからといって、何でも食べればよいというものではありません。 もともと好きでよく食べていた食材であっても、妊娠中にはお腹の赤ちゃんに悪い影響を与えてしまうものもあります。 かわいい赤ちゃんを迎えるためにも、できれば避けておきたい食材をお伝えしましょう。

生肉・生魚

刺身やお寿司はお祝いごとの定番メニューですが、妊婦さんにとって生ものは避けたい食材。 未調理のまま食べるものは細菌や寄生虫が付着している可能性があり、体調を崩すきっかけになることがあります。 たとえ、新鮮なものであっても、毎日食べるのは考えものです。 生ものを一切食べてはいけないというわけではありませんが、できるだけ控えたほうがよさそうです。 魚や肉にはタンパク質やミネラルが豊富に含まれており、できれば積極的にとりたい食材でもあります。 お腹の赤ちゃんの成長には、多くのアミノ酸が必要です。 アミノ酸はタンパク質を体内で分解したものであり、必須栄養素として指定されています。 肉や魚を食べる場合でも、十分に加熱することでリスクは下がります。 レアよりミディアム、ミディアムよりウェルダンで、しっかり火を通した状態で肉や魚を食べるようにしましょう。

生卵

忙しい朝は、卵かけごはんのようなさっと食べられるものが便利ですよね。 でも、生卵も妊婦さんは避けてほしい食材です。卵には「サルモネラ菌」が付着している可能性があり、食中毒を起こす場合があります。 感染すると、嘔吐や下痢、発熱などの症状があらわれ、お腹にもよくありません。 日本国内で販売されている卵は、基本的に洗浄されているためサルモネラ菌も少ないといわれていますが、それでもできるだけ避けたほうがよさそうです。 そのまま生卵を飲む人はいないと思いますが、うっかり食べてしまうのが、すき焼きのときやユッケについたものです。特にユッケは、生肉と卵を使っているので避けるようにしましょう。

ナチュラルチーズ

女性が好みやすい食材のひとつがチーズ。カルシウムを含む食材として、妊娠中に食べる人も多いようです。 でも、種類によっては食中毒になる可能性も。海外から輸入されるチーズは非加熱のものが多く、なかには「リステリア菌」がついている場合があります 「リステリア菌」に感染すると嘔吐や下痢を引き起こし、インフルエンザのような発熱が起こります。ひどい場合は、意識障害を引き起こす場合も。 赤ちゃんに感染すると、早産や死産の危険性もあるとして厚生労働省も警鐘を鳴らしています。 非加熱として販売されているのが、カマンベールやリコッタ、モッツァレラのようなフレッシュタイプのチーズです。 日本のチーズは加熱が義務付けられているため問題ないとされています。 チーズをそのまま食べない場合でも、フロマージュブランのような輸入タイプのチーズを使ったケーキには要注意。 ムースやティラミスのようなお菓子に含まれる場合もあるので、気を付けてくださいね。 逆に、ピザやグラタンのようにしっかり加熱したものなら問題ありません。 チーズ好きの方は、火を通すことをお忘れなく。

妊娠中は「生もの」に注意!

生ものの飲食は、誰にでも食中毒になる可能性があります。 免疫力が低下している妊娠中は特に感染しやすいので注意が必要です。 栄養のバランスだけでなく、加熱したものを食べるように注意しましょう。 ママが選んだものは、そのまま赤ちゃんに届くもの。生まれる前から、しっかり意識しておきたいですね。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
01-11_09503010971

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします