14w_10132003976

【妊娠14週目】赤ちゃんの成長とともに、ママのお腹も妊婦らしく変化。胎動はまだ?

妊娠14週目から妊娠中期に入ります。つわりも治まってきて、人によってはお腹のふくらみが感じられ、お腹にいる赤ちゃんに思いをはせる余裕も出てくる頃です。赤ちゃんは今、どんな様子なのでしょうか? 妊娠14週目のママと赤ちゃんの状態について、くわしく見てみましょう。

妊娠14週目になると、だんだんとつわりも治まってきて、人によってはお腹のふくらみが感じられ、お腹にいる赤ちゃんに思いをはせる余裕も出てくる頃です。
赤ちゃんは今、どんな様子なのでしょうか?
また、妊娠中期に入った今、気をつけるべきことは何でしょうか?
妊娠14週目のママと赤ちゃんの状態について、くわしく見てみましょう。

妊娠14週のママのカラダの状態

baby_14

基礎体温をつけている人は、基礎体温が少しずつ下がってくるのに気がついたかもしれません。
これは、胎盤が完成に近づき、安定した状態になりつつあることを示しています。

つわりが治まってくる人も多いでしょう。
もちろん個人差がありますので、なかにはつわりが何ヶ月も続く人もいます。
つわりがよくならないからといって、気に病まないようにしましょう。

子宮底長の測定

妊娠14週目に入ると、子宮底長を測定することによってお腹の大きさをチェックするようになります。
子宮底長とは、恥骨の上から子宮の上までの長さを指します。
子宮底長の測定結果のみで判断するわけではありませんが、赤ちゃんの発育の状態や羊水の量がわかるひとつの目安になっています。

お腹のふくらみ

子宮の上部が恥骨の上に出るくらいになります。したがって、お腹のふくらみがわかるようになるころです。
もうマタニティーウエアの必要性を感じる人もいれば、ゆったりめの服にしたり、男性用の服を借りたりするだけで間に合う人もいるでしょう。
人によってそれぞれ異なりますので、お腹のふくらみ具合について気にする必要はありません。

一般に、経産婦ママはお腹のふくらみがわかるのが早いようです。
お腹のふくらみが感じられるようになると、ママになる実感がますますわいてくるでしょう。

感情の起伏が激しくなる?

妊娠14週目に入ると、気持ちの浮き沈みが激しくなったと感じる人もいます。
妊娠や出産は人生の中でも大きなできごとですので、ママになるうれしさと同時に不安を抱くのもごく自然なことです。

妊娠期間中、気分にムラがあることはめずらしいことではありませんので、そのことを心配する必要はありません。
ストレスが感じられるときには、自分に合った解消法を見つけて、上手に対処するようにしましょう。

妊娠14週の赤ちゃんの状態

妊娠14週目に入ると、赤ちゃんにも大きな変化が現れます。

妊娠14週目に入ると、赤ちゃんにも大きな変化があらわれます。

赤ちゃんは体長が8.5~10センチ、体重は50グラムくらいになります。
数値を聞いても実感がわかないかもしれませんが、レモンくらいの大きさだという人もいます。

首が顕著になる

この時期の赤ちゃんはぐんぐん成長しますが、頭部よりカラダの成長が早く、首もはっきりしてきて、頭も首の上にあるようになります。

腕が長くなる

妊娠14週目の終わりには、腕の長さもカラダに合った長さになります。
手を握ることもできるようになり、超音波検査では指しゃぶりをする様子が見られるかもしれません。

内臓が働きはじめる

肝臓が胆汁を生成しはじめます。脾臓も赤血球を作りはじめます。
また、赤ちゃんは羊水を少し飲むようになり、腎臓も働きはじめます。
飲んだ羊水は、尿として羊水中に排出されるようになります。

妊娠14週目にやっておきたいこと・気をつけたいこと

お腹の赤ちゃんに栄養を運ぶため、妊娠中のママのカラダは血液量が増加します。
カラダの水分量と血液量のバランスがくずれると、むくみやすくなるといわれています。
足のすねの皮ふを指で押したときに跡が残るとむくんでいるといえるので、注意が必要です。

むくみを防ごう

血液量の増加によるむくみだけでなく、デスクワークや立ち仕事などで長時間同じ姿勢でいることもむくみの原因になります。
また、塩分の摂りすぎや、運動不足や冷えもむくみの原因になるといわれています。
むくんでいると感じたら、早めに対処するように心がけましょう。

むくみの解消には、以下のような方法がすすめられています。

●足浴

37℃くらいのややぬるめのお湯に足をつけて温めます。
寝る前に足浴をおこなうと、眠りやすくなるでしょう。お湯にベビーオイルを垂らしておくと、足のかさつきにもよいのでおすすめです。

●散歩

立ちっぱなしはもちろんですが、座っていても同じ姿勢でカラダを動かさないとむくみやすくなります。
体調にあわせて、軽く散歩をするとよいでしょう。

●栄養バランスのとれた食事

食生活が偏ると、カリウム、カルシウム、ビタミンB1などが不足してむくみの原因になることもあります。
つわりが治まってきたら、栄養バランスのとれた食事をとるように心がけましょう。

おりものが増える

おりものが増えてきます。おりものが付着した状態で長時間過ごすことは衛生的ではなく、カラダにもよくありません。
パンティライナーを利用し、汚れたらこまめに取り替えるようにしましょう。

パンティーライナーを使っていても、そのまま付け続けていると逆に不衛生なので、常に清潔に保つようにしましょう。
また、パンティライナーおりものの色やニオイなどが通常と異なる場合には、すぐに受診するようにしてください。

少しずつカラダを動かそう

つわりがおさまってきて食欲が戻ってくると、体重の増え方が気になる人もいるでしょう。
しかし、妊娠中は無理なダイエットは禁物です。また、激しい運動も避けなければなりません。

まもなく安定期に入ると、いろいろなマタニティエクササイズに取り組めるようになります。
ウォーキング、ウォーターエクササイズ(アクアエクササイズ)、マタニティーヨガ、マタニティーピラティス、マタニティーベリーダンスなど、マタニティー用のエクササイズにもいろいろなものがあります。
今から好みのものを探してみてはいかがでしょうか。

妊娠14週のころは、少しずつカラダを動かしエクササイズを始めるのにちょうどよい時期です。
今までエクササイズからは縁が遠かった人、あるいは妊娠によってエクササイズをやめてしまっていた人も、まずはストレッチからはじめ、カラダをほぐすようにするとよいでしょう。

エクササイズには以下のような効果が期待できるので、ぜひ定期的にカラダを動かしましょう。

●よく寝られるようになる

●背中や腰の痛みなど、妊娠による不調がやわらぐ

●体力が維持でき、疲れやすさがなくなる

●気分転換になりストレスが解消される

●出産後の回復がはやい

米国産婦人科学会によれば、妊娠中も毎日30分以上の中程度のエクササイズをしてよいとのことですが、カラダの状態によってエクササイズをしても大丈夫かどうか不安なときには、医師や看護師に相談するようにしてください。

まとめ

妊娠14週目になるとお腹のふくらみがわかるようになり、赤ちゃんが大きくなっている実感が得られるようになるでしょう。
赤ちゃんも活発に動くようになりますが、赤ちゃんはまだ小さいので、ママが胎動を感じるようになるのは、もう少し先になります。
むくみ防止のためにも、つわりが治まったら栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

⇒妊娠15週目、お腹の中の赤ちゃんはますます元気に!

<監修>
日本周産期新生児医学会 新生児蘇生法 Aコースインストラクター
日本産婦人科学会 専門医
札幌医科大学産婦人科 高田さくら
この記事のキュレーター

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
14w_10132003976

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします