sex_02

生理周期に合わせて幸せなセックスをするには♡?

ホルモンバランスによって、女性はカラダにもココロにも変動があるもの。
生理周期それぞれのカラダとココロの状態に合わせて、よりハッピーなセックスをするための方法と注意点とは?

生理周期はカラダとココロに影響する

生理前は、なんだか気分が暗くなったり、イライラしたり…というPMSの症状を感じる人も多いのではないでしょうか。

逆に生理が終わったあとは、晴れやかな気分でアクティブに過ごせるという方も多いと思います。

生理周期によって、女性のカラダもココロもホルモンバランスの影響を大きく受けるものです。

実はセックスする時のカラダやココロの状態も生理周期によって変化があるんです。

生理周期別にパートナーと幸せなセックスをするにはどんなことを意識すればよいのでしょうか?

生理中”ブルー期”のカラダとココロ

生理中は、カラダもココロもテンションダウン中。

お腹が痛かったり、頭が痛かったり、体調があまりよくない時。

さらに、体温も低めな状態で、お肌も敏感になっている時期なので、少しの刺激でも痛みを感じやすくなったりして気持ちよさがイマイチな時期です。

生理中は、経血として不要なものを排出している時期でもあるのに、セックスすることによって子宮内に経血が押し戻されてしまうことも。

免疫力も弱っている時期なため、感染症にかかりやすくなるというリスクもあります。衛生面を考えて、生理中にはセックスは避けたほうが無難。

キスやハグなどで、のんびりとした優しいスキンシップにとどめておくのがおすすめの時期です。

生理後1週間”キラキラ期”のカラダとココロ

カラダもココロも調子が良い期間の到来!女性らしさを高める女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が盛んになり、カラダの感度も最高潮に♡ 髪やお肌のつやも良くなり、ハツラツとした雰囲気が出たあなたにパートナーもメロメロ状態になるかも!?

カラダもココロも一番気持ち良くセックスができる時期です。

パートナーと心置きなくハッピーなセックスを楽しんでください。

ただし、この時期は排卵日の前にあたるので妊娠可能性が高い時期でもあります。

妊娠を希望していない場合は、盛り上がり過ぎて、避妊がおろそかにならないよう万全の注意を。

排卵後1週間”まったり期”のカラダとココロ

妊娠を継続させる働きがある女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌が盛んになる時期。

ホルモンバランスの関係でカラダもココロもお母さんになるためのモードに切り替わるため、なんとなくセックスに気乗りしないこともある時期です。

この時期は気分が乗らないことから「私、彼のこと好きなんだっけ…?」なんて気持ちになり、彼とすれ違ってしまうことも。

いつもとシチュエーションを変えてみたり、ちょっといつもとは違うプレイに挑戦するなど、2人で楽しめる工夫で気持ちを盛り上げてみるのもひとつの方法です。

 生理前1週間”もやもや期”のカラダとココロ

男性ホルモンが優位になってくる時期。

「生理前はなんだかムラムラ…」そんなもやもやした気持ちの正体はホルモンバランスの変化によるものかもしれません。

セックスしたい気持ちは盛り上がる時期ですが、骨盤周辺が血行不良になりやすくなったり、気持ちが沈みやすくなったり、カラダもココロも不安定な時期でもあります。

パートナーを自分から誘ってもやもやを解消しても良いし、彼とタイミングが合わない場合には足を肩幅に開いて腰を大きくまわす骨盤周辺の血行不良を解消する簡単なエクササイズをして血行を良くするだけでも、もやもやの解消につながるかもしれません。  

大切なパートナーとのセックスは、ストレス解消につながったり、幸せな気持ちにさせてくれ、カラダの調子もココロの平穏ももたらしてくれるもの。

生理周期を通じて自分のカラダとココロの変化を観察して、その時々に合った方法で幸せなセックスを楽しんでくださいね。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
sex_02

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします