29w_10250001847

【妊娠29週目】お腹の張りは大丈夫?早産の可能性はある?

妊娠29週目では、羊水の量もピークを迎え、ママのお腹もますます大きくなっています。赤ちゃんの胎動もさらに激しくなったと感じるママも多いことでしょう。赤ちゃんのカラダもだいぶしっかりしてきたのかな? 妊娠29週目のママと赤ちゃんの様子をみてみましょう。

妊娠29週目では、羊水の量もピークを迎え、ママのお腹もますます大きくなっています。赤ちゃんの胎動もさらに激しくなったと感じるママも多いことでしょう。
赤ちゃんのカラダもだいぶしっかりしてきたのかな? 妊娠29週目のママと赤ちゃんの様子をみてみましょう。

妊娠29週のママの状態

baby_29
子宮底長も26~35㎝になりました。子宮の先端は、もうみぞおちのあたりまできています。大きくなったお腹で、足元が見えづらいと思っているママも多いことでしょう。
妊娠後期の体重増加は3㎏くらいといわれていますので、引き続き、体重の増えすぎには気をつけましょう。

羊水量は最大に!

この時期、ママのお腹の羊水量はピークを迎えます。これ以降、羊水量は増えることはないので、さらに大きくなっていく赤ちゃんには少し窮屈になるのかもしれませんが、赤ちゃんの位置が一定してきます。

羊水の量は超音波検査で調べられます。妊娠後期の羊水量は約500mlといわれていますが、羊水の量は多すぎても少なすぎても、トラブルの素になるようです。

  • 羊水過多:羊水量が800mlを超えると「羊水過多」と診断され、羊水過多による足のむくみ、お腹の張り、動悸、呼吸困難などの症状があらわれると「羊水過多症」になります。

羊水過多の原因には、赤ちゃんの髄液がもれている場合、赤ちゃんの消化管異常、赤ちゃんの嚥下障害、ママが糖尿病である場合などがあげられています。

一時的な対処法として羊水を抜くこともありますが、羊水の量は数日以内に元に戻ってしまうようです。
羊水過多のため、破水や陣痛が起こってしまい早産となる恐れがあるので、ママと赤ちゃんの状態を慎重に経過観察しながら治療することになります。しかし早めの出産になることもあるようです。

  • 羊水過少:羊水の量が100ml以下になると「羊水過少」と診断されます。お腹の大きさが小さめで、胎動が強く感じられる場合もありますが、一般的に自覚症状は乏しいようです。

羊水過少の原因には、前期破水、妊娠高血圧症候群等による胎児胎盤機能の低下、赤ちゃんの腎臓の奇形、赤ちゃんの尿路の閉塞などがあげられています。

羊水過少も、慎重に経過観察することになります。
羊水過少は子宮内環境が悪く、赤ちゃんになんらかの問題があることが多いので、羊水過少と診断されたママは、赤ちゃんが元気にしているかどうか、胎動の様子によく注意する必要があります。
入院治療を要したり、人工羊水を注入する場合もありますが、早めの出産になることもあります。

前駆陣痛って知ってる?

「陣痛」は、出産の際に赤ちゃんを押し出すために子宮が収縮するときの痛みを指します。陣痛は、実際の出産の前にもおこることがあり、それを「前駆陣痛」と呼んでいます。
前駆陣痛は、カラダが実際の出産に備えての予行練習をしているといわれています。

前駆陣痛は、妊娠36週目以降にあらわれることが多いですが、早い場合には妊娠28週目くらいからみられることもあるようです。
ただし、誰でも経験するというものではなく、ママによっては前駆陣痛を感じた覚えのないまま出産したママもいます。

前駆陣痛は、ママによってその症状もさまざまですが、本当の陣痛と異なり、痛みの間隔が不規則であることが一番の特徴です。その他、痛みの強さに波があったり、姿勢を変えるだけで痛みがやわらいだりすることがあります。

お腹に痛みを感じたら、まず痛みの間隔を測るようにしましょう。規則的な痛みの場合には、すぐに病院に連絡して指示を仰ぐようにしてください。

妊娠29週の赤ちゃんの状態

この時期の赤ちゃんは著しく成長しています。体重も増えていますが、28週目からはじまった脳の急速な発達は29週目も続き、脳の発達にあわせて頭も大きくなります。
また、筋肉や骨格もしっかりしつつあります。この時期には、1日に200~250mgのカルシウムが赤ちゃんに取り込まれるとのことです。

赤ちゃんの大きさ

赤ちゃんの体重は1,050~1,550gくらいになり、体長も400~420mmになりました。赤ちゃんの重さはかぼちゃくらいという人もいます。

呼吸の準備

肺の発達も急速にすすんでいます。ただし、正常に呼吸ができるようになるのには、36週目まで待たないといけないようです。

感覚器

嗅覚も整いつつあります。生まれてすぐに、ママのにおいが覚えられるように今から準備しているのだそうですよ。

胎動はどのくらいある?

妊娠29週になると、赤ちゃんの動きはさらに活発になります。赤ちゃんの胎動の回数、キックの回数を数え、赤ちゃんの胎動のパターンにも注意を払うようにするとよいでしょう。
もし、胎動の数が減少したり、胎動のパターンが変化したりするようなことがあれば、すぐに受診するようにしてください。

また、胎動はお腹のどのあたりで感じられますか? 通常はおへそより上で感じられますが、もしも、おへそより下、膀胱の辺りなど下腹部に胎動が感じられる場合には、逆子かもしれません。
妊娠29週ではまだ逆子が自然になおることがあるようですが、30週以降には産科医に相談するようにしましょう。

妊娠29週にやっておきたいこと・気をつけたいこと

腰の負担をやわらげよう

妊娠中は、ホルモンレベルの変化によって靭帯が緩んでいるため、ママのカラダの筋肉にはそもそも負担がかかっています。そのうえ、お腹がせり出てきたのにあわせて腰をそらせると、腰の筋肉や関節にかなりの負担がかかります。
腰痛にならないための対策をとっておくとよいでしょう。

  • ストレッチ:食後すぐは避け、毎日1~3回行いましょう。

腕と太ももが垂直になるように四つん這いになり、息を吐きながら背中を丸め、息を吸った後に吐きながら背中をそらせる動作を繰り返します。

腰痛に効くストレッチはほかにもありますので、医師や看護師などに相談するとよいでしょう。

  • 腰痛対策グッズ:手軽に手に入るものから、試してみましょう。

妊娠用のガードルや妊婦帯などで骨盤を支えるのがおすすめです。就寝時には、シムスの体位で寝る際に、ひざの間に枕やクッションをはさむようにするとよいでしょう。
抱き枕もさまざまなものがありますので、それらを利用するのもよいでしょう。

切迫早産の可能性を考えておこう

妊娠中のトラブルのなかで、頻度が高く、入院することになりやすいのが「切迫早産」です。「子宮収縮」と「子宮頸管の短縮」の2つをともなうことが、切迫早産の定義とされています。

聞き慣れない「子宮頸管の短縮」についてみてみましょう。妊娠中は、赤ちゃんをしっかり子宮内にとどめておくため、子宮頸管が固く長く、しっかり閉じています。
通常は、妊娠35~36週くらいから出産に備えて子宮頸管も柔らかく短くなり開きはじめますが、早い週数でこの変化がおきると切迫早産になります。
切迫早産の原因には、腟や頸管の炎症による絨毛膜羊膜炎、体質によるものなどがあげられていますが、近年では疲労性の切迫早産が増加しているともいわれています。

切迫早産の予兆は、あったりなかったり人によってさまざまです。したがって、健診は欠かさないようにしましょう。
また、不正出血、お腹の張りが休んでもおさまらないなど、何かおかしいなと感じた場合にはすぐ受診するようにしましょう。

まとめ

妊娠29週目くらいから赤ちゃんの成長はさらに著しくなります。脳の発達にあわせて頭も大きくなり、骨もしっかりしはじめます。
赤ちゃんの栄養の必要性にあわせて、ママも栄養バランスの取れた食事をいっそう心がける必要があります。
献立には、良質のたんぱく質やカルシウムのほか、ビタミンCや鉄、葉酸なども豊富に含まれるようにしましょう。そして、無理をしないように過ごすことが大切です。

⇒妊娠30週目、胎児が逆子と診断されたら?

<監修>
日本周産期新生児医学会 新生児蘇生法 Aコースインストラクター
日本産婦人科学会 専門医
札幌医科大学産婦人科 高田さくら

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
29w_10250001847

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings