grapefruit

体重増加は大丈夫?妊娠中、無性に食べたいアレ

昔から、「妊娠すると酸っぱいものが食べたくなる」というのはよく聞く話ですよね。
最近では、マクドナルドのフライドポテトが食べたくなるという妊婦さんが多いとか!?
妊娠中の味覚の変化についてご紹介します。

妊娠中、食べたくなるものは?

冒頭でもご紹介した通り、妊娠中に食べたいものの代表と言えば、酸っぱいもの。

酸味があってさっぱりとした柑橘類の他、トマトやお寿司も人気です。

また、フライドポテトを始めとして、しょっぱいものが食べたいという人も多くいます。

つわりで辛い時期にも、油っぽいフライドポテトが食べたい妊婦さんが多いのは不思議ですね。

他にもアイスクリームやチョコレートなど、常に甘いものがないと落ち着かないという人も多くいます。

代表的なものを紹介しましたが、酸っぱいもの、しょっぱいもの、甘いものと、人によって食べたくなるものは様々です。

味覚の変化の原因と時期

このように、通常時と味覚が違ってくるのは、妊娠によってカラダのホルモンバランスが変わることが原因だとされています。

また、赤ちゃんがいることで栄養の摂取量を増やすため、味覚が鈍くなっているとも言われています。

つわりで何も食べたくないかと思えば、特定のものを無性にたべたくなる……このような味覚・体調の変化はいつまで続くのでしょうか?

これは人によって様々で、妊娠初期(~妊娠15週)のつわりが落ち着いてくるころには味覚も元に戻ったという人もいます。

しかし多くの人は、味覚の変化は出産するまでは続くようです。 もし、産まれてからもあまりにも長く味覚の変化が続くようでしたら、病院で相談してみて下さい。

食べすぎには注意が必要

hamburger and potato

特定のものが無性に食べたくなるのは仕方のないことですが、もちろん食べすぎには注意が必要です。

例えば、しょっぱいものが食べたくなるという方、塩分の摂りすぎは胎児の成長阻害や流産、早産を引き起こす妊娠高血圧症候群の原因となります。

参考として、日本の成人女性の平均的な食塩摂取量は10.1g/1日で、妊娠高血圧症候群と診断された場合には7~8g/1日の摂取量を指導されています。 妊娠中の方は8g/1日ぐらいの摂取を心がけると良いでしょう。

また、甘いものを食べたくなるという方は、体重増加や妊娠糖尿病に気をつけましょう。

市販のチョコレートやドーナツといったものよりフルーツを食べるようにしたり、飴をなめることで一気に甘いものを摂取することを控えたり、工夫することでカロリーや糖分の摂り過ぎを抑えることができます。

体重管理のイロイロ

さて、妊娠中の体重増加は元の体重にもよりますが7~12kgが適正であると言われています。

つわりで食欲が落ちたり、特定の食べものを食べ過ぎたり……体重管理はきちんと行っていますでしょうか?

手書きやPCでの記録など方法は様々ですが、ルナルナ ファミリーコースでは妊娠中のあなたにぴったりの体重管理機能をご用意しています!

毎日の体重記録ができる他、自動でグラフが作成され理想の体重増加グラフと照らし合わせて今の体重増加量が適切かどうか、判断できます。

また、どんなものをどれくらい食べていいかや、妊娠中の気になることなど、皆さんの疑問に、医師が回答してくれます! answerdoctor try to use family

妊娠中の体重管理について不安がある場合はぜひお試し下さい!

妊娠中は、食べたくなかったり食べたかったりと、食について辛いことも多いかと思います。

しかし、かわいい赤ちゃんと会えるまでもう少しの辛抱ですので、ストレスを感じすぎずに栄養管理・体調記録を行っていきましょう。

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
grapefruit

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings