8179-1

今度こそ!失敗しない脂肪燃焼エクササイズ・運動

ダイエットに挑戦しようとして、幾度となく失敗を繰り返しているという人も多いのでは?その失敗の原因は、運動の仕方に問題があるのかもしれません。ここでは医師の監修のもと、効果的に脂肪を燃焼させるエクササイズについて詳しくご紹介します。

脂肪を燃焼させるエクササイズ&運動の最大のポイントは、有酸素運動と無酸素運動、この2つを一緒に行うということです。

有酸素運動だけでは脂肪燃焼効果が低い!

脂肪を燃焼させる効果が高い運動といえば有酸素運動が定番でしたが、脂肪燃焼の効果を高めるためには筋トレなどの無酸素運動も必要であることが分かってきました。

有酸素運動(エアロビクス)とは?

有酸素運動はその名の通り酸素を使った運動のことです。

代表的な有酸素運動は、ウォーキングやジョギングなど。

脂質をエネルギーとして消費するため、脂肪燃焼のための運動としてクローズアップされてきました。

しかし、近年この有酸素運動だけでは脂肪燃焼効果は低いといわれ、筋トレなどの無酸素運動と一緒に行うことが推奨されるようになってきています。

無酸素運動(アネロビクス)とは?

無酸素運動は、有酸素運動とは真逆の酸素を使用しない運動のことです。

代表的な無酸素運動は筋トレや短距離走など。

運動中に呼吸をしない(酸素を取り込まない)ことを無酸素運動と考えている人も多いようですが、それは大きな間違いです。

酸素を使用せずに、運動に必要なエネルギーを作り出す運動のことを指すものです。

無酸素運動が脂肪燃焼に効果があるといわれる理由は、無酸素運動を行うことにより成長ホルモンの分泌が促進されることにあります。

成長ホルモンは体脂肪を分解するための刺激となるホルモンです。

ある実験では、成長ホルモンを注射で体内に注入したところ、1時間後から体脂肪の分解が急上昇したというデータもあります。

つまり、無酸素運動は直接、脂肪燃焼にはつながらないが、有酸素運動と連動して行うことで脂肪の燃焼効率を高めることができるということです。

 

このように、脂肪を効率よく燃焼させるためには、有酸素運動と無酸素運動どちらも欠かせないものであることがおわかりになったと思います。エクササイズや運動で失敗しないためには、有酸素と無酸素、この2つを両方行うことが成功のカギと言えるのではないでしょうか?

脂肪燃焼!おすすめエクササイズ

運動を行う順番は「無酸素運動」→「有酸素運動」がおすすめです。

なぜなら、無酸素運動を行った後に有酸素運動を行うことで、無酸素運動後に分泌される成長ホルモンの脂肪分解作用を最大限、活かすことができるからです。

<おすすめエクササイズ無酸素編>

・ペットボトルダンベル
500mlのペットボトルに水を入れて持ち上げます。
手の動きを上から下へ、前から後ろへといろいろ変えるのがポイント。

・スクワット
両手をまっすぐ前に伸ばした状態で腰を落とします。
10回程度行うだけでも筋肉に効いているのがわかります。
ポイントは、背筋を曲げないように腰を落とこと。また、変な体制で行うと腰やひざを痛める可能性がありますので、姿勢には注意してください。

<おすすめエクササイズ有酸素編>

・ウォーキング
朝と夜、家から駅まで歩く。これも立派な有酸素運動です。

家を出る前に軽く無酸素運動を行ってから、駅まで姿勢よく歩きましょう。これだけで脂肪燃焼効果はかなり高まります。

・好きな曲に合わせて踊る
好きな曲、好きなダンスミュージックのPVを見ながら1曲踊る。これも有酸素運動になります。

ただし、あまりにも激しい息の切れるダンスはNGです。

あくまでソフトな軽く体温が上がる程度のダンスがベストです。

無酸素運動も有酸素運動もできる範囲で簡単なものを続けることが重要です。3日坊主が一番の失敗の元。無理をせず簡単なことから始めることが成功の秘訣です。

その他のヘルスケア記事をもっと読む
※外部サイトに移動します

 

この記事の監修ドクター
表参道首藤クリニック 院長
首藤紳介先生

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

healthcare_u_icon150_2
ドクターをはじめとした専門家のご協力のもと、主に医療・健康に関する情報の発信中!
8179-1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings