10376-1

太ももが太いのは家系?下半身太りと遺伝の関係

親子で体型が似ている、というケースは多くあります。親に下半身太りの傾向が見られる場合、子供も下半身太りになるのでしょうか。ここでは、太りやすさと遺伝の関係や、遺伝の影響で下半身太りが見られる場合の効果的なダイエット法などを解説していきます。

私たちの身体や体質を作る設計図である遺伝子。実は太りやすい、痩せやすいなど肥満に関わる遺伝子があるのです。

体型を決めるのは遺伝子?

人間の身体は両親から半分ずつもらった遺伝子という設計図を基にかたち作られています。

そのため、顔の特徴や背格好など体型が似るのはあたり前とも言えるのです。体型が似るということは、太る体質も似ている、つまり「太りやすさ」は遺伝するということです。

肥満に関係する遺伝子は世界中で確認されており、両親ともに標準体重の場合、子どもが肥満になる率は約10%、片方の親が肥満の場合は約50%、両親ともに肥満である場合は約80%といわれています。

こう聞くと「親が太っているから仕方ない」と思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。体質が決まるのは遺伝だけの問題ではなく、環境も大きく関わってきます。太りやすいという遺伝子を持った人が太りやすい環境下にあって、初めて肥満体型は作られます。

たとえ太りやすい遺伝子をもっていたとしても、日々の生活に注意し、太らないように心がけていれば、標準体型を維持することも可能なのです。

遺伝子で違う太り方のタイプ

肥満に関わる遺伝子は約60種類あるといわれています。

その中で、3種類の遺伝子が肥満に大きな影響を与えていることが、研究が進むにつれてわかってきました。

その遺伝子を元に体質区分したのが「リンゴ型(ベータ3AR遺伝子)」「洋なし型(UCPI遺伝子)」「バナナ型(ベータ2AR遺伝子)」の3つです。

● りんご型

内臓脂肪がつきやすく、お腹周りが太くなりがちな、ぽっちゃり体型。炭水化物が好き、お腹がすくとイライラする、食べ物の誘惑に勝てない、といった傾向が見られます。

 

● バナナ型

基礎代謝が高く、全体的にほっそりとした体型。太りにくいですが、一度太ると痩せにくいのが特徴です。あっさりした食べ物を好む、朝食を抜きがち、食事の時間が不規則でもこだわらない、といった傾向があります。

● 洋ナシ型

上半身より下半身が太くなりがち。お尻や太ももに脂肪がつきやすいタイプです。脂質の多い食べ物を好みます。燃焼しにくい皮下脂肪が多いので、痩せにくい体質です。日本人の4人に1人があてはまるといわれています。

また、上記の3つの肥満関連遺伝子に変異が見られない人もいます。このタイプの人は遺伝子の影響は少ないですが、生活習慣によって太ることがあります。

 

自分の遺伝子タイプを知ると痩せやすい!

生まれ持った遺伝子は変えることはできません。しかし、自分の遺伝子タイプに合ったダイエットをすることで、効果は高めやすくなります。

下半身太りしやすい「洋ナシ型」の場合は、脂質の代謝が苦手で、体脂肪をため込みやすいのが特徴です。

このタイプで注意したいのは、油の摂り方。脂質のできるだけ少ない食事を心がけるようにしましょう。野菜など食物繊維を先に食べ、炭水化物をあとにまわすといったような工夫で脂質の吸収を抑えることができます。

下半身に皮下脂肪がたくさんつくタイプですが、皮下脂肪は燃えにくいのが難点です。深めのスクワットなどで下半身を鍛え、皮下脂肪の代謝を促しましょう。

同じダイエット方法でも痩せる人と痩せない人がいるのは、遺伝子の影響も考えられます。

効果があるといわれているダイエットを続けているのに変化が見られない…という方は、一度ご自分の遺伝子タイプを確認してみてはいかがでしょうか。

その他のヘルスケア記事をもっと読む
※外部サイトに移動します

この記事の監修専門家
健康運動指導士、ビジュアルデザイナー
田中咲百合

この記事のキュレーター

healthcare_u_icon150_2
ドクターをはじめとした専門家のご協力のもと、主に医療・健康に関する情報の発信中!
10376-1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings