10358-1

筋肉?脂肪?太もも太りの種類

太もも太りの原因は、大きく「脂肪」「むくみ」「筋肉」の3つに分けられます。それぞれのタイプの特徴と原因、効果的な解消法について、専門家監修のもと詳しくお伝えします。太もも太りの正しい解消法を身につけましょう。

一口に太もも太りと言っても、その原因はさまざまです。太くなってしまう主な理由とそれぞれの特徴、タイプに合わせた解消法について解説します。

太もも太りの種類と原因

太ももが太い原因には、大きくわけて「脂肪」「むくみ」「筋肉」の3つがあります。

脂肪

「脂肪太り」は、消費するより多くのカロリーを摂取したことによって、脂肪が蓄積されてしまった状態です。運動不足や食べすぎが主な原因ですが、それ以外に冷えも関係しています。というのも、脂肪は本来、体を温める役割を持っているからです。冷えにより血行不良が起こると、体は保温のためにより多くの脂肪を蓄積しようとします。冷え性の人が太りやすいのは、そのためです。

さらに、血行不良によって老廃物や水分が正常に排出されなくなると、脂肪の中に老廃物が溜まってセルライトが生成されます。セルライトも、太ももを太くする大きな原因のひとつ。食事制限や運動では解消できないものなので、一度できてしまうとやっかいであり、大きく成長させてしまうと脚を細くするのは非常に困難になります。

脂肪太りは、太ももの肉がやわらかく、掴むとたくさんつまめるのが特徴です。また、脂肪が多いと周りの毛細血管が圧迫され血流が悪くなるため、肌を触ると冷たく感じることもあります。

むくみ

「むくみ」も血行不良やセルライトと密接に関係しています。むくみは、骨盤のゆがみや運動不足、冷えなどによる血行不良により、リンパ液や水分、老廃物が溜まることで起こります。老廃物が溜まることからセルライトができやすく、さらなる太もも太りにつながることがあります。このタイプは水太りとも呼ばれ、すねを押したときに皮膚の戻りが悪く、跡がつくのが特徴です。

筋肉

「筋肉」による太もも太りは、過去にスポーツなどで脚の筋肉を酷使した方に多く見られます。不要な筋肉が太く強くなり、肥大している状態です。また、スポーツをやめたにも関わらず食べる量を減らしていないため、脂肪と筋肉の両方が絡み合ってしまうケースもあります。

悪い姿勢や歩き方も、筋肉太りを引き起こす大きな要因となります。姿勢が悪いと、骨盤が開いたりゆがみやすくなります。すると、股関節のねじれによるバランスの悪さを補おうと、太ももの前や外側に筋肉がつきやすくなり、太ももが太くなるのです。また、足の親指を地面につけない、いわゆる「浮き指」の状態で歩くクセがある方も、太ももが極端に太くなる傾向にあります。これは、親指でふんばる力を、お尻や太ももで補おうとするためです。

※悪い姿勢・歩き方と太もも太りの関係について、詳しくは『太ももが太い原因にはどんなものがあるの?』をご覧ください。

太ももを指でつまんでもあまりつまめず、固いのがこのタイプです。

タイプ別に見る太もも太りの解消法

原因がちがう以上、細くする方法もそれぞれで異なります。効果的な太もも太りの解消法について、タイプ別に見ていきましょう。

脂肪タイプの解消法

まず、食事制限によるダイエットで摂取カロリーを減らす必要があります。食品に含まれる脂肪は脂肪細胞に直接蓄えられるため、余分な脂肪は摂取しないよう心がけなければなりません。また、体を冷やさないようにすることも大切です。筋肉が減ると基礎代謝量も減ることから、体が冷えやすくなります。適度な運動を心がけ、筋肉量を増やしましょう。また、バランスの良い食事を意識する、コーヒーや緑茶、レタスやきゅうりなど、体を冷やす食べ物は多く摂りすぎないようにする、紅茶やほうじ茶、かぼちゃやリンゴなど、体を温める食べ物を意識的に摂るなど、内から「体の中からのアプローチ」のアプローチも行いましょう。

ついてしまった脂肪を減らすには、ストレッチやエクササイズが不可欠です。脂肪タイプの人は筋肉量が少ない人が多いので、筋トレで筋肉をつけて代謝をあげましょう。ウォーキングや水泳などの有酸素運動は脂肪の燃焼に効果的なので、こちらもおすすめです。

むくみタイプの解消法

むくみを解消するには、マッサージが有効です。リンパマッサージで滞っているリンパの流れを改善し、老廃物の排出を促しましょう。リンパは筋肉の動きによって流れていくので、下半身に筋肉をつける運動(スクワットやヨガ、階段の上り下りなど)もおすすめです。また、塩分を摂りすぎると体は水分をため込もうとするので、食事の塩分は控え、必要以上の水分を摂取しないよう心がけましょう。

※リンパマッサージの方法については、『太もも痩せに効果的なマッサージ法とは』を、太ももやせに効果的な運動については、『太ももダイエットに効果的な運動とは』をご覧ください。

筋肉タイプの解消法

筋肉太りのタイプには、筋トレは逆効果になります。ゆっくりとした動きの有酸素運動やストレッチ、マッサージを行い、硬くなった筋肉をほぐしてあげましょう。筋肉に過度な負担をかけず、ストレッチ効果も高いヨガやピラティス、水圧で衝撃が分散される水泳などがいいでしょう。悪い姿勢や歩き方でつくべきではない部分に筋肉がつかないように、正しい姿勢や歩き方を身につけることも大切です。

※姿勢の悪さからくる筋肉太りを解消する方法については、『太ももを細くするエクササイズ』『太ももやせに効果!骨盤枕とは』をご覧ください。

まずは自分の太もも太りのタイプを知り、それぞれに合った方法で解消しましょう。

その他のヘルスケア記事をもっと読む
※外部サイトに移動します

この記事の監修専門家
インストラクター  古川美佳

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

healthcare_u_icon150_2
ドクターをはじめとした専門家のご協力のもと、主に医療・健康に関する情報の発信中!
10358-1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします