10351-1

太もものセルライトは自分で除去できる?

太ももが痩せにくい大きな原因のひとつは、セルライトにあります。セルライトとは何なのか。また、一度できてしまうと解消が難しいとされるセルライトの対処法について、専門家監修の記事で詳しくお伝えします。

ダイエットをがんばっているのに、脚だけなかなか痩せない……。そんな方は、太くなっている原因にセルライトがあるかもしれません。セルライトができる原因と、その解消法についてお伝えします。

セルライトができるとどんな問題が起こる?

約9割もの女性にできているとされるセルライト。皮膚を強くつかんだりねじったりしたとき、表面に凸凹したものが現れたら、それはセルライトです。

セルライトとは、体内の余分な水分や老廃物を溜め込んで肥大化した脂肪細胞が、コラーゲン線維と癒着したものです。

お尻や太ももの裏側など、ぜい肉のつきやすい部分にでき、一度できると解消するのは難しいといわれています。

特に、下半身は上半身に比べて内臓から離れているため、老廃物が排泄されにくく、セルライトも進行しやすい部位です。

セルライトは、冷え、ホルモンバランスや自律神経の乱れ、代謝の悪化などによる血行不良で溜めこまれた老廃物と、脂肪細胞が絡み合うことででき始めます。

そうすると、脂肪細胞の代謝が乱れ、脂肪はどんどん大きくなっていきます。

肥大化した脂肪細胞は血管を圧迫し、血流を悪化させて老廃物の排出をさらに防ぎます。こうなると、肥大化した脂肪細胞同士がくっついて塊ができてしまい、皮膚をつかんだりねじったりしなくても凸凹がわかるようになってしまうのです。

また、セルライトが蓄積すると、血行不良やむくみ、冷え性などを引き起こしやすいだけでなく、毛細血管が切れやすい状態に。ちょっとぶつかっただけでも、内出血やアザができやすくなります。

前述のとおり、セルライトは食事制限や運動だけでは解消できません。解消するためには、血行不良の改善とともに、適切なマッサージが必要となります。

できてしまったセルライトはマッサージで解消しよう

セルライトの解消にはマッサージが効果的です。

硬くなってしまったセルライトを揉みほぐし、溜まった老廃物を流れやすくしてあげるのです。

マッサージの効果は血流がよい方が得られやすいので、事前に体をよく温めましょう。入浴中や入浴後に行うのが最適です。

マッサージ方法

まず、足の裏を押して緊張をほぐし、血行をよくします。

その後、つま先から太ももへ向けて、下から上へセルライトの粒をつぶすようなイメージでマッサージしていきます。気になる部分を集中的に行うと効果的です。

ふくらはぎは下半身まで流れた血液を心臓に戻すポンプのような役割を果たす為、しっかりとほぐすことで上半身に血液が流れ、肩こり改善にも繋がります。

また太ももの外側をほぐすことは腰痛改善、真ん中は膝痛、股関節改善効果もあります。

内ももに関しては内臓が冷えている方は押したときに痛みがあるので、冷たい飲み物や生野菜などの摂取には気をつけましょう。

肌が乾燥した状態で行うと皮膚を傷つける可能性があるので、マッサージ用のオイルやクリームを使用して行いましょう。

肌の保護と血行促進作用が期待できる、ビタミンEが豊富なオリーブオイルもおすすめです。

手でのマッサージが大変という方は、セルライトローラーや「かっさ」などの器具を利用してもいいでしょう。

足全体のセルライトを揉みほぐしたら、リンパマッサージで仕上げましょう。

この時の注意点は、皮膚の下、2mm~3mm下にリンパ管が張り巡らされているので、マッサージのように、あまり強く押すと逆に流れにくくなります。

まるで赤ちゃんの頭を撫でるように、優しく行いましょう。

足の甲からくるぶし、足首、ふくらはぎから膝まで、まずはリンパ流しをし、その老廃物を膝裏の膝下リンパ節へ集めます。

それから膝下リンパ節をていねいに流し、更に老廃物を足の付け根の前面にある鼠蹊(そけい)部のリンパ節まで流していきます。

脚全体を下から上へなでるように行うのがポイントです。

入浴時に気になる部分にラップを巻き、その上からマッサージすると、発汗が促されて老廃物が排出されやすくなります。

片足10分程度のマッサージを毎日続けることで、凸凹のないなめらかな足を手に入れることが期待できるでしょう。ぜひ、実践してみてください。

とはいえ、もっとも大切なのは、セルライトができないように予防することです。

セルライトの解消に成功したなら、その後の生活習慣を見直すことが大切。運動して血行をよくする、脂肪がつく元となる糖分・脂質をとりすぎない、十分な睡眠を確保し、通称「痩せホルモン」とよばれる成長ホルモンとコルチゾールをしっかり分泌させるなど、セルライトの予防を心がけましょう。

その他のヘルスケア記事をもっと読む
※外部サイトに移動します

 

この記事の監修専門家
インストラクター  古川美佳

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

healthcare_u_icon150_2
ドクターをはじめとした専門家のご協力のもと、主に医療・健康に関する情報の発信中!
10351-1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします