141001_6601_09100_333_250

妊娠中・妊婦の葉酸サプリメントの正しい選び方・摂り方

妊娠中はサプリメントを選ぶ際にも注意が必要ですが、それは葉酸サプリメントも例外ではありません。では、葉酸サプリメントにも違いはあるのでしょうか?葉酸の摂取にサプリメントを上手に活用するためにも、正しい選び方を知っておきましょう。

葉酸サプリメントの正しい選び方

葉酸サプリメントを選ぶ際のチェックポイントは次の3つです。

葉酸の含有量

厚生労働省では、妊娠中に摂取したい葉酸の1日あたりの量を「食事で240μg+サプリメントで400マイクログラム」としています。そのため、ほとんどの葉酸サプリメント商品では1粒または2粒で葉酸が400マイクログラム含まれています。選ぶ際は必ず葉酸の含有量を確認するとよいでしょう。

葉酸が「天然」か「化学合成」か

葉酸には、食品中に含まれる「ポリグルタミン酸型(複数のグルタミン酸が結合)」と、サプリメントなどに使われる「モノグルタミン酸型(グルタミン酸がひとつ結合)」があります。

ポリグルタミン酸型は体内でモノグルタミン酸型に分解されてから吸収されるため吸収率は50%なのに対して、モノグルタミン酸型はダイレクトに吸収されるので吸収率が約85%となっています。

葉酸サプリメントには基本的に吸収率のよいモノグルタミン酸型が利用されていますが、そのなかにも「天然の葉酸」と「化学合成の葉酸」があります。

「天然の葉酸」は、野菜や酵母などの食品から抽出したポリグルタミン酸型を特殊な加工によってモノグルタミン酸型に変化させたものを使っています。

一方、「化学合成の葉酸」は化学薬品や石油などから作られたモノグルタミン酸型の葉酸が使われています。

この化学合成の葉酸によって赤ちゃんが喘息になるリスクが高まるという研究結果も発表されているため、サプリメントを選ぶ際は葉酸が「天然」であるかチェックしましょう。

合成添加物や保存料が使われていないか

胎児はまだ肝臓の解毒作用が弱いため、添加物や保存料の影響も受けやすくなります。できるだけ無添加・無着色のものを選びましょう。

葉酸サプリメントの正しい摂り方

サプリメントを飲む際は、次の3点に注意しましょう。

過剰摂取にならないように用量を守る

葉酸サプリメントには、葉酸のほかにカルシウムや鉄、ビタミンCなど、妊娠中に摂りたい栄養素が総合的に含まれているものも多くあります。

1粒あたりにこれらの栄養素がたっぷり含まれているため、1日分の用量を守らず多めに飲んでしまうと、過剰摂取になることも。

妊娠中は、過剰に摂取すると胎児に悪影響を及ぼす栄養素もあるため、注意が必要です。

食後にコップ1杯の水かぬるま湯で

葉酸サプリメントを飲む時間は自由ですが、より効率的に吸収させたいなら胃が活発に働く食後がベストです。

その際は、コップ1杯の水やぬるま湯で飲みましょう。カフェインを含むお茶・コーヒーなどと一緒に飲むのは避けてください。

葉酸サプリメントと薬との飲み合わせに要注意

薬によっては葉酸の吸収を悪くしたり、葉酸の血中濃度を下げたりします。

特に、抗てんかん薬は葉酸の吸収を妨げ、葉酸欠乏に陥ることで胎児に奇形が起こりやすくなるといわれています。 ほかに、次のような薬も葉酸欠乏に繋がる可能性があるため、注意が必要です。

  • アスピリン、インドメタシン(消炎鎮痛剤)
  • メトトレキサート(抗ガン剤、抗リウマチ薬)
  • ピル(経口避妊薬)
  • バルビツール(睡眠薬)
  • クロラムフェニコール(抗生物質) など

薬を飲んだ後、成分が吸収・排出されてから(約4時間後)サプリメントを飲むようにすると相互作用による影響が少なくなるといいますが、薬を服用中の方はまずは医師に相談しましょう。

その他のヘルスケア記事をもっと読む
※外部サイトに移動します

この記事の監修ドクター: 
矢追医院 院長  矢追正幸先生

この記事のキュレーター

healthcare_u_icon150_2
ドクターをはじめとした専門家のご協力のもと、主に医療・健康に関する情報の発信中!
141001_6601_09100_333_250

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings