150424_shiina_0413016_480_360

出血する?NG体位は?妊娠中の性行為(セックス)に関する疑問

妊娠中に性行為(セックス)をしても、お腹の赤ちゃんは大丈夫なのでしょうか? 妊娠中に行う性行為が流産や早産とどのように関係するのか、さらに妊娠中だからこそ気をつけたい避妊や体位についても解説していきます。

妊娠中でもセックスしていいの?

妊娠して性欲が増す方がいれば、激減する方もいます。特につわりが重くて「それどころじゃない!」と拒否したり、お腹の子どもを気遣ったり、不安に感じてその気になれなかったり…という方もいらっしゃいます。

相手となる男性側も、お腹の子どものことや母体のことを考え、性行為をすることを躊躇してしまう方が多いようです。

しかし妊娠の経過が順調であれば、妊娠中の性行為(セックス)が流産や早産などに直接つながることは考え難く、性行為自体を禁止する必要はありません。

ただし、気をつけたいのが精液による細菌感染です。精液の中には細菌や化学物質などが存在しており、それらが子宮に入り込むことで早産や破水のきっかけとなる「絨毛膜羊膜炎(じゅうもうまくようまくえん)」などの発症が考えられます。

炎症が進行すると破水に至ることもあり、このような感染症だけは避けたいので、コンドームの装着はするようにしましょう。

「妊娠しているから避妊しなくても大丈夫」ではなく、細菌などを含んだ精液を腟内に射精せず、大切な赤ちゃんのためにコンドームを装着してから性行為をしてください。

また、時期としては安定期に入るまでの妊娠初期、お腹が大きくなってきた末期は性行為にはあまり適さない時期となります。

おなかに痛みがある、あるいは出血や切迫流産の兆候があり医師に安静を命じられている場合は性行為によるピストン運動によって腟や子宮頸部(子宮の出口)を刺激してしまうため、性行為を控えるようにしましょう。

妊娠中に適した体位と挿入方法

赤ちゃん自体は子宮と羊水に守られていますし、子宮と膣との間はしっかり遮断されています。そのため性行為自体が胎児に衝撃を与えたり、傷つけたりすることはありませんが、妊娠中にセックスをする場合は性器や指を清潔にし、激しい動きや無理な体位は避けるようにしましょう。

性行為の体位は、基本的には「ママが苦しくなければOK」です。

ママが苦しかったり痛かったりすると、赤ちゃんとっても母体にも負担をかけてしまいます。パパは思いやりを持って、ママの身体をいたわる行為を心がけてください。

妊娠後期にお腹が大きくなってきたら、男性が上から覆いかぶさる正常位だとお腹を圧迫してしまいます。そんな時は女性が男性の上に乗る「騎乗位」や、四つん這いになった女性に後ろから挿入する「後座位」が、比較的楽だと言えそうです。

また、性行為の直後は子宮口や子宮頸管が熱を帯び、多少出血することがあります。少しなら問題ないのですが、血の量が多い、毎回必ず出血するなどの症状が続く場合は切迫流早産の兆候の可能性もありますので、恥ずかしがらずに必ず早めに医師へ相談して下さい。

量より質。絆を深めるスキンシップを

妊娠中の性行為は自分勝手な快感よりも、ママの身体と赤ちゃんのことを一番大切にして下さい。ピストン運動を激しく繰り返すばかりではなく、楽しむことや感じることに重きを置いた性行為が、2人の心を満たす大切なコミュニケーションになります。

パパは、ママの身体の変化や心の不安定さもしっかりと理解しながら、会話などを交えたスキンシップで絆を深め、“量より質”を重視した優しい性行為(セックス)を心がけましょう。

その他のヘルスケア記事をもっと読む
※外部サイトに移動します

の記事の監修ドクター
こすぎレディースクリニック 院長  椎名邦彦先生

この記事のキュレーター

healthcare_u_icon150_2
ドクターをはじめとした専門家のご協力のもと、主に医療・健康に関する情報の発信中!
150424_shiina_0413016_480_360

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします