140326_aoyama0329_333_250

燃焼効果抜群!?キムチダイエット

いかにもダイエット効果や燃焼効果がありそうな食材、キムチ。芸能人の深田恭子さんが10kg痩せたことで話題になったキムチダイエットですが、キムチはダイエットに効果的だという医学的な根拠はあるのでしょうか?ドクター監修もとキムチダイエットについて解説します。

キムチダイエットとは?

キムチを毎食食べる、それだけのダイエットです。食べる量やキムチの種類については制限されていません。

キムチダイエットのやり方

毎日の食事に上手くキムチを取り入れるだけの、いたってシンプルな方法です。

目的は、キムチに含まれるカプサイシンを摂取することです。キムチだけでは食べづらいという人には、納豆を加えて食べることも勧められています。

キムチが苦手な人は七味唐辛子を使う、もしくはカプサイシンのサプリメントを摂ることも有効な手段だと思われます。

キムチダイエットのメカニズム

カプサイシンによる脂肪分解促進効果

キムチにたっぷりと使われるトウガラシには、カプサイシンという辛味の成分が含まれています。

カプサイシンには、 中枢神経を刺激して副腎からのホルモンの分泌を促進する働きがあります。

これによって新陳代謝が盛んになり、体内の褐色脂肪細胞の分解を促進すると言われています。

 

血糖値の上昇を抑えて脂肪の蓄積を防ぐ

さらに、カプサイシンが血糖を低下させる作用があるという報告もあります。

血糖値が高いと脂肪がつきやすくなりますので、この点でもダイエット効果があるのかもしれません。

 

食べ過ぎて太った人にも、遺伝的に太った人にも有効という説も

カプサイシンは血糖を低下させるという報告は数多くありますが、そのほかに遺伝性の肥満にも効果的だとする論文もあります。

 

キムチダイエットの注意点

食欲増進効果に注意

カプサイシンには食欲増進効果もあります。ご飯が美味しいからとおかわりしていては、痩せるはずはありません。食事量は適量を守りましょう。

過剰摂取は胃や腸に悪い

カプサイシンの過剰摂取は、胃や腸に負担がかかります。

胃潰瘍などを患っている場合、増悪させることも。長期間にわたり大量に摂取することはおすすめできません。

食べ過ぎるとがんを誘発する?

キムチなどカプサイシンを含む食品の過剰な摂取は、がんを誘発するという研究もあります。

と言っても、韓国など日常的にキムチを食べる国もありますからそれほど心配はいらないでしょう。

その他のヘルスケア記事をもっと読む
※外部サイトに移動します

この記事の監修ドクター
赤坂ビューティークリニック 院長  青山秀和先生

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

healthcare_u_icon150_2
ドクターをはじめとした専門家のご協力のもと、主に医療・健康に関する情報の発信中!
140326_aoyama0329_333_250

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします