140501_horiuchi_0544_333_250

頭皮・地肌の乾燥対策に効果的な方法は?

頭皮や地肌の乾燥はさまざまな頭皮トラブルのもと

頭皮や地肌の乾燥は、フケやかゆみといったさまざまな頭皮トラブルの原因となります。こうしたトラブルを未然に防ぐためには、なるべく乾燥させないような対策をとることが大切です。

それでは、主な乾燥対策をアプローチ別にご紹介しましょう。

正しい頭皮ケアの方法を知る

頭皮が乾燥する大きな原因には、間違った洗い方があります。むやみに洗うだけでは、頭皮の乾燥は改善されません。

シャンプーを見直す

一般的なシャンプーは、洗顔料やボディソープよりも洗浄力が強く作られています。洗浄力の強すぎるシャンプーは、皮脂や角質層の細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)などの、頭皮の保湿成分まで洗い流してしまいます。また、すでに乾燥してしまっている頭皮には刺激が強いので、かぶれなどの原因にもなりかねません。

オススメは、アミノ酸系の界面活性剤が使われているシャンプーです。洗浄力がマイルドで、頭皮を痛めません。

※頭皮に優しいシャンプー選びについては、『フケを改善する正しいシャンプーの選び方・使い方』をご参照ください。

洗い方を見直す

頭皮が乾燥しやすい人には、シャンプーの方法が適切でない方が多いです。頭皮も皮膚の一部です。デリケートであることを忘れないようにしましょう。顔を洗うときと同じように、優しく洗うことが大切です。

まず、爪を立てて洗うのは絶対にNGです。ゴシゴシと強い力で洗うと頭皮の角質層が傷つき、外部の刺激から頭皮を守るバリア機能や頭皮の水分保持力が低下してしまいます。シャンプーは、泡の力で汚れを落とせるようにできていますし、物理的な刺激と汚れの落ち方は全く別の問題です。

※頭皮に優しいシャンプーの仕方については、『頭皮の乾燥やフケを改善する正しいシャンプー法とは?』に詳しく記載しました。

洗いすぎの可能性も

頭皮は、人間の身体の中でもかなり汗をかきやすく汚れやすい部分です。しかし、清潔に保ちたいという気持ちで日に何度もシャンプーをしてしまうのはNGです。必要な皮脂まで取り除いてしまったり、地肌の角質層にダメージを与えてしまうためです。どうしても洗いたい場合は、ぬるま湯で汗を洗い流すだけにしましょう。

乾燥が原因でフケが出ている人の多くは、必要以上に頭を洗う傾向があります。かえって逆効果となることがあるので、シャンプーは、適度な刺激で適度な回数だけするようにしましょう。

ドライヤーの使い方を見直す

ドライヤーの熱は想像以上に強いものです。濡れた髪を乾かす時は、一緒に頭皮の水分も奪われていることを忘れないようにしましょう。

髪を乾かす際は、ドライヤーを髪から離して、なるべく短時間で済ませるよう心掛けましょう。

保湿に気をつける

シャンプー後、ローションやオイルなどで頭皮の潤いを補うことも、とても有効な手段です。※ローションを用いた保湿については、『頭皮も保湿が必要!ローションを使った乾燥対策』をご覧ください。

生活習慣を見直す

頭皮もお肌の一部なのだということを忘れてはいけません。シミや肌荒れといったトラブルと同じように、頭皮の乾燥も、偏った食生活や不規則な生活が原因で起きる場合があります。

皮膚の潤いを保つ角質層の細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)は、ターンオーバーの過程で生成されます。そのため、ターンオーバーが乱れると頭皮の水分保持力が低下し、乾燥してしまうのです。

ビタミンを摂って皮膚の免疫力を高めたり、睡眠をしっかりとることで細胞の新陳代謝を正常化させることができるため、生活習慣を改善することも頭皮の乾燥対策として大切です。

その他のヘルスケア記事をもっと読む
※外部サイトに移動します

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

healthcare_u_icon150_2
ドクターをはじめとした専門家のご協力のもと、主に医療・健康に関する情報の発信中!
140501_horiuchi_0544_333_250

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings