12444-1

コットンパックのやり方と頻度・タイミング

乾燥を防ぎ、うるおい肌へと導くコットンパック。そのやり方や頻度、タイミング、コットンの選び方についてご紹介します。

コットンパックの基本的なやり方

<用意するもの>

・コットン(数枚に裂けるもの)

・水(精製水や水道水、ミネラルウォーター)

・化粧水

<コットンパック基本の5ステップ>

(1)コットンに水を含ませます。ヒタヒタになるまで、しっかりと湿らせます。コップなどに水を入れて、コットンをくぐらせるとやりやすいでしょう。

(2)コットンを手のひらでやさしく押さえて、水分を軽く絞ります。

(3)軽く水分を絞ったコットンを広げ、化粧水を染み込ませます。ここでもコットンがヒタヒタになるくらい、しっかりと含ませます。

(4)化粧水を含ませたコットンを2~5枚に均等な厚さになるように裂き、おでこ・両ほほ・鼻・あごなどに貼り付けます。両手でコットンを引っ張りながら、顔に貼り付けると密着しやすいです。

(5)時間がたったらパックをはがします。パックの時間の目安は、化粧水によって異なりますが、さらっとしている化粧水を使っている方は1~2分程度。少ししっとりしている化粧水を使っている方は5分程度。ジェルタイプの化粧水を使っている方は、10分程度がよいでしょう。長時間続けると、肌の水分をコットンが吸収してしまい、肌が乾燥する原因になります。

コットンパックは、やり方を間違えると肌に負担がかかってしまうこともあります。

コットンパックの注意点についての詳細は、関連リンク『やり方を間違うと逆効果!コットンパックの注意点』を参考にしてください。

コットンパックのタイミング・頻度

コットンパックをするのに最適なタイミングは「洗顔後すぐ」です。洗顔後は肌が乾燥しやすい状態のため、すぐにパックすることで、うるおいを守ります。コットンパックは基本的には毎日行うのがおすすめです。ただし、肌荒れなどのトラブルが起きた際は回数を減らすなど、調整が必要です。

また、日焼けしてしまった時のアフターケアとして活用するのも効果的です。肌のクールダウンと保湿が一度にできて一石二鳥です。なお、日焼けした直後の皮膚は敏感になっているので、あまり美容成分が入っていない低刺激の化粧水を使いましょう。

どんなコットンを使うべき?

厚みのあるコットンは化粧水が十分に行き渡らないので、薄めのものを使いましょう。2つに割けるタイプのものだと、化粧水をぬる時とパックする時の両方に使えて便利です。

また、肌に直接触れるものなので、コットンの質にもこだわりたいところ。おすすめは「オーガニックコットン」です。一般的なコットンとの違いは、原料となる綿花の栽培方法にあります。一般的な綿花は栽培時に大量の化学肥料や農薬などが使用されますが、オーガニックコットンには“3年間化学肥料などが使用されていない土地”で、“化学肥料などを使わずに育てた”綿花だけが使用されます。製品になるまでの加工段階でも化学薬品の使用を抑えているので、一般的なコットンに比べて安全性が高いと言えます。

コットンパックは、うるおった透明感ある肌づくりをサポートします。乾燥や肌荒れが気になる方は、一度取り入れてみてはいかがでしょうか。

その他のヘルスケア記事をもっと読む
※外部サイトに移動します

 

 

この記事の監修ドクター
しのぶ皮膚科 院長  蘇原しのぶ先生

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

healthcare_u_icon150_2
ドクターをはじめとした専門家のご協力のもと、主に医療・健康に関する情報の発信中!
12444-1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings